シーバス釣り情報 七北田川 南蒲生浄化センター 2017年10月14日(土) 長潮

スポンサーリンク
南蒲生浄化センター

釣りバカ日誌

晴天、七北田川 河口にてシーバス釣り。

南防波堤にてシーバス釣りをやろうと思い、蒲生サーフ駐車場に行ったが工事中で立ち入り禁止、断念して七北田川 河口に向かう。

蒲生サーフ

蒲生サーフ

蒲生の七北田川 河口にて午後6時より釣りを開始。

ウェダ―を着用して葦が生えている川の左側い静かに入り、ルアーを投入。

数投目に根ががりし、数回 ロット強くあおったらロット根本が『ボギー――』と音を立てて破損して、顔面蒼白・・・・あちゃー  トボトボと車に戻り、帰途に就く。

帰宅後にFRPエポキシ樹脂にて破損部分の修理を実施。

シーバスロット修理

シーバスロット修理

シーバス釣り ポイント 七北田川 河口

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

『水がない時がチャンス ポイントを知れ!』

釣りは通常、水があるので魚の居る場所、地形が見えない。しかし、川なら冬の渇水時期に普段みられない川の地形が、海なら大潮の干潮時に海底がその姿を現す。

その地形を記憶もしくは写真に保存して魚の棲むポイントを把握することが重要である。根ががりを防止するにも役に立つ!

釣りは準備でその成果、釣果に差があらわれる。
エサの準備、仕掛けの準備、釣り時合の確認、釣り場所の確認等である。

人は仮面をかぶる、お金で本性を塞ぎ、地位で本性を隠す。

地位、名誉がない時のありのままの時の姿を知ることが大切である。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする