10秒ノット 最強 最速 PEライン結び方【図解】

スポンサーリンク

以前 『簡単なFGノット結び方』を紹介した記事を書いたがそれでも編み付けの時間が要し、編み付け器も必要であるがyoutubeを見ていたら簡単なPEライン結び方を紹介してあり、試しにトライしてみた。

結び方の名称は「10秒ノット」、ハイパー簡単ノットとも呼ばれている。

結果はGood! 作り易く(30秒位)、切れにくいのでその方法をイラスト図解で分かり易く、紹介します。

youtube  最速、最強 簡単な PEとリーダーの結び方

女性、初心者の方やこれから始めたい方にリーダーとPEラインの結び方を紹介します。すぐに覚えられて強力、最速のおすすめの結び方なので最初にこれから始めてみてください。

10秒ノット PEラインとリーダー結び方

FGノットより使いやすいの結び方の解説

10秒ノット 準備1:

PEライン、ショックリーダーを準備します。黄色ラインがPEライン、黒ラインがショックリーダーです。

 PEラインをリールから出し、次に必要な長さのショックリーダーをカットします。

10秒ノット FGノットより使いやすい PEラインとリーダー結び方

10秒ノット STEP1:

リーダーを二つ折りして、をつくり、指で軽く摘んで折り目をつくる。

10秒ノット FGノットより使いやすい PEラインとリーダー結び方

10秒ノット STEP2:

PEラインから差の中に通す。

10秒ノット

10秒ノット STEP3:

左手の親指と人差し指でショックリーダーの輪と通したPEリーダーをしっかり掴む。

10秒ノット FGノットより使いやすい PEラインとリーダー結び方

10秒ノット STEP

右手で通したPEラインでショックリーダーの輪を時計方向に巻いて束ねる。10程度重ならないように巻き上げる。

10秒ノット

10秒ノット STEP

輪に通したPEラインの先端を輪の上から通す。

10秒ノット

10秒ノット STEP

リーダーとPEラインを互いに引っ張り、結び目をつくる、

この時、摩擦熱でラインが劣化しないように結び目に水か唾をつけて湿らせる。

10秒ノット

10秒ノット STEP7:

最後にショックリーダー端糸と不要なPEラインをカットして終了です。

10秒ノット

まとめ

FGノット、ダブルライン、 電車結び等の色々な結び方があるが釣り現場での最強 最速 PEライン結び方は『10秒ノット』です!!

エギング、 ジギング、 青物、シーバス 釣り、全てに使える結び方です。

さらに強度を上げるために有効な方法はVARIVAS「結びにシュッ!」をひとふきする事で強度が向上します。

決して使用してならないのは『瞬間接着剤

結束部分がカチカチに硬化し、伸縮性が無くなり、強度がダウンします。
また、『リップクリーム』もクリームの潤滑効果で“すっぽ抜け”が発生しやすくなります。

結びにシュッ!」の効果の検証は下記のサイトで解説しています。

参考サイト:VARIVAS(バリバス)の「結びにシュッ!」が本当に強くなるか試してみた!

スライドシェア  10秒ノットの結び方 無料ダウンロード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする