鮎釣り 米代川 二ツ井町 銀杏橋 2019年9月15日(日)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  米代川 二ツ井町 銀杏橋

昨日と比較すると寒くない、早朝7時の気温は既に20℃、今日は今年のラストと釣行なので早めに釣りして帰宅予定。

場所は昨日と同じ銀杏橋、今日は 日曜日なので大勢の釣り師が来るかなと予想していたが5,6人程度、8時には釣りを開始したが思うように釣れず、既に9時半。

然う斯うするうちにトラブル発生、逆さバリが右の小指に刺さる、おまけに返しがついていので簡単には抜けない。

ヤバい! 如何する? このまま病院に行くか?

方法は痛みを堪えて抜くか、もしくは返しが表にでるまで更に刺し、返しを潰すか?

取り合えず、痛みを堪えれて少しずつハリを抜く方法にして数回ハリを動かすが血がでるだけ、更に数回 ハリを動かして返し部分が外れてハリが外れて人ひと安堵、助かった・・・

しかし、ロスタイム 30分。

最近、逆さバリが外れず、野鮎とオトリが絡みながらキャットされることが多くなった、やはり返しを無くした方がいい。

その後、場所を変えてラストにかけて瀬尻の深い場所で急流に耐えながら構えていたが激流に流されて沈み岩に左脛が当たり、激痛が走る、ようやく流されながら一命を取り留め、無事 今年の鮎釣りを終了、納竿とする。

今年の東北のアユ釣りは解禁日から渇水の影響で追いが悪く、いまいちだったが後半は秋田県米代川で久しぶりの鮎釣りを堪能した、さすが米代川である。

藤琴川との合流地点

藤琴川との合流地点

二ツ井~外面 鮎釣り ポイント

早期の数釣り、終期の大鮎で人気の米代川  最下流エリア。

きみまちトンネル上流では森吉山からの阿仁川と合流し、二ツ井町から下流は大河となり、粕毛漁業組合が管轄するエリアとなる。

このエリアは銀杏橋を中心に解禁から数釣りファンで人気の絶えない。

また、9月上旬からは上流から産卵準備の為に多くの鮎が落ちてきて、滞留し外面地区には子持ち鮎が群れをなす。

ポイントは外面のトロ瀬、種梅川と合流する地点下流の切石鉄橋周辺の瀬、そして『兵どのの夢のカーブ』と呼ばれる仁鮒集落の下流の支流 内川と合流する深瀬そして銀杏橋 上流、藤琴川との合流地点です。

二ツ井~外面 鮎釣り ポイント

二ツ井~外面 鮎釣り ポイント

 Google Map   航空写真 二ツ井~外面

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

 鮎釣り ランガンスタイル

釣りはスポーツです。

大概の釣り場は多くの車を置ける場所の目の前、そのエリアの一等地。
移動に便利であり、又放流場所であること事から、魚影が濃い。

又、歳をとるほど、駐車場から遠くへ行きたがりません。
また、グループで釣りする場合、横並びで同じエリアに並びます。

そして「お地蔵さん」のように1日中同じ場所から動かない人たちも多くいます。
イスに座ってまったく移動しないで1日釣りをするのです。

しかし、釣果を上げたい、楽しい釣りをしたいならば、人が多くて動けないような場所で悶々と1日釣りをするより、動き放題、釣り放題の場所を探して竿を出したほうが楽しく、釣果も上がります、つまりランガン(Run&Gun)スタイルで鮎釣りをするのです。

ランガンスタイルをやる場合のポイントは、人がやりたがらない荒瀬を狙うこと。

荒瀬にいる野鮎は、一発で掛ります。

少しやって掛からなければ、そこには野鮎がいないのです、即時に次のポイントへ向けて移動します。

関連記事:鮎友釣りの基本【図解】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする