シーバス釣り情報 追波川 2017年10月8日(日) 中潮

スポンサーリンク

釣りバカ日誌

晴天、ポイントに向かう途中新北上大橋手前に2名及び橋を渡ってから2名が川に立ちこみ(ウェイテイング)していた。追波川 河口付近は5名がシーバスロッドを振っていた。

午後5時北上川 追波湾 近郊のポイントに到着、釣り開始。先行者1名。

午後2時から来てNOヒットとの事。

太陽も沈み、西の空は赤い夕焼け空、いつもの「ジャクソン にょろにょろ 12.5cm」にてロッドを振る。

初めのヒットは午後6時30分頃、まだ夕焼けが見える頃。

海方向のサイドに振り込んで「ガツーン」ときました。

かなり、大きいと思われたがフックがばれて『The End』

リールのドラックと調整が甘かったか?

後悔先に立たず  There’s no use crying over spilled milk.

気を取り直して、次の一投目、ロットの『もぞもぞ』の当たりがが有り、大急ぎでリールを回す、ヒット、ゲット・・・小さい フッコ サイズ37㎝。

次はフッコサイズがヒットしましたが目の前でジャンプされ、フックがばれてしましました。

あちゃー 沈黙・・・・・・・・

最後にポイントを移動、海方向の東の空から赤い月がでてきて川面を照らし出してきました。

天上は満天の星空。

ここでフッコサイズを1匹ゲットして、今晩の釣りは終了。

釣果:2匹 午後5:00~午後8:00

シーバス ポイント

当日の潮汐

潮汐表 女川 20171008

今日の教訓~釣りの哲学~

荒海の大漁!

It is good fishing in troubled waters.

荒れた海は釣り師にとって危険であるがそんな畤には魚も多く釣れる時がある、波の無い穏やかな凪の日は水も透明で魚は針の付いたエサに見向きもしてくれない。誰もが尻込みするような時、場所こそ、グットフィッシングのチャンスである。その時はリスクを避ける方法を周到に準備して無謀な釣りはしてなならない。

ドイツの格言


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする