シーバス釣り タックル(ロッド、リール、ライン) 【図解】

スポンサーリンク

シーバス釣り タックルの種類

タックルとは道具のことです。つまりどんな道具を使ってシ―バスを釣ったらよいかということです。といっても実際はどんなタックルでもシーバスは釣れます。投げ釣り用の竿に磯釣り
用のごついリールでも、ルアーさえついていて、投げられさえすればシーバスは釣れるのです。

ではどんなタックルでもよいかといえば、そうではありません。「楽しく釣る」ためには、バランスのとれたタックルが必要なのです。必要以上に長いロッドに大きなリール、太いラインの組み合わせでは、大きな魚を相手にする場合にはちょうどよいが、小さな魚では楽しくありません。

逆に細いロッドに小さなリール、細いラインでは小さな魚にはちょうどよいが、大きな魚がきたら今度ぱ「楽しい」と思う前に、ラインが切られてしまいます。またバランスが悪いと、一番弱い部分にムリがきて、ロッドが折れたり、リールが壊れたりといったことになります。だから狙う相手に合わせてタックルのバランスを考えることが、楽しい釣りにつながるのです。

特にルアー釣りの場合い単に魚を掛けて引きを楽しむという楽しみだけでなく、ルアーを目的のポイントにキャスト(投げる)するという快感が大きな位置を占めているように思います。
射撃の快感は的を撃つ爽快感にありますが、ルアー釣りの魅力は、そうしたシューティングの快感も大きいように思うのです。ですから、タックルの購入の際は是非そうした性能を考えて
選んでほしいと思います。たとえ一日釣れなくても楽しく気持ちよく、ロッドを振り続けられるタックルが理想的なタックルなのです。

ルアー釣りのタックルには、大きく分けて3種類のタックルがあります。
つまり
①べイトキャスティングタックル

②スピニングタックル

③スピンキャスティングタックル

の3種類です。

ベイトリール

ベイトリール

スピニングリール

スピニングリール

スピンキャスティング

スピンキャスティング

ブラックバス釣りには、ベイトキャスティングタックルが使われることが多いのですが、これはベイトリールのラインの糸ヨレが少なく、巻き上げ力が強いという利点があるからです。

しかし、シーバスフィッシングでは、べイトキャスティングタックルはほとんど使われません、何故ならばシーバスのポイントはバスより遠くにいますがベイトリールではルアーが飛ばない、飛距離がでない為です。

またスピンキャスティングタックルもほとんど使われません。スピンキャスティングリールは
使い方ぱ簡単なのですが、巻き上げ力がなく、糸ヨレが激しいからです。このタックルは初心者向けの「できあい」の釣りセットなどによく見られますが、これからシーバスフィッシングを始めようとしているあなたには向きません。

そんなあなたにおすすめできるのが、スピニングタックルです。現在、シーバスフィッシングのタックルは、90%以上がこのスピニングタックルになっています。これはシーバスフィッシングが主に夜間行なわれるために、ベイトキヤスティングタックルでは、ライントラブルが多いためと、池や川と違ってフィールドが広いので遠投力が要求されるためです。

またメーカーもシーバスフイッシング用として、スピニングタックルに特に力を入れていますから、様々な組み合わせを楽しむことができます。

かってスピニングタックルは、リールの糸ヨㇾがひどくライントラブルが多いとか、巻き上げ力が弱く、力の強いシーバスフイッシングには不向き、ともいわれた時代もありましたが、現在は各メーカーとも高性能のリールを出しており、問題はありません。

では各タックルについて、それぞれどんなタックルを選んで組み合わせたらよいかを説明します。

シーバス釣り ロッド 選び方

かつてはシーバスフィッシングにも投げ釣りや磯釣りのロットが用いられました。これはかつてのシーバスフィッシングが玉子ウキという遠投用の重いウキを使うことが多かったからです。
またシーバス専用のロットがなかったこともあります。しかし最近は、専用ロットが数多く売り出され、どれを選ぶか悩むほどになってきました。

ロットを選ぶとき最も大事なことは、自分で持ってみると、なにか落ち着かないものを感じることがあります。それは各アングラーの体つきや感性がすべて一人一人異なっているからです。

購入にあたってはカタログで選ぶしかない場合もありますが、できることならなるべくたくさんのロットを実際に握ってみるごとが大切です。ロッドの太さと長さ、硬さ、重さ、グリップ
の太さと長さいろいろな要因がありますが、幾つか握ったり振ったりしてみると、かならず「気持ちのよい」感触のロットに巡り会うはずです。これは数字では表わせるものではありません。

ロットのアクション(調子)は大きく分けて、パラボリックアクションファーストアクションの二つに分けることができます。これらはそれぞれスローテーパー、ファーストテーパーと呼ばれますが、それぞれ胴調子、先調子という意味です。

シーバスロッド

シーバスロッド

以前はこれらがわりとはっきりしていて、極端な胴調子や先調子のロッドが多かったのですが、最近はそれらの中間的な特性を持った調子のロットが主流になってきています。
すなわちルアーを投げるときは、やや先調子でコントロールがつけやすく、魚がヒットすると胴に調子が乗り、魚のファイトに耐えられるという具合です。最近はほとんどのメーカーが、こうした特性を持ったロッドを出しているので、それほど優劣はありません。

後は自分で自分の手になじむロッドを選ぶことです。
ただ注意するのは、自分がはたしてどんな釣りをするのかということです。シーバスは磯から防波堤、河口など様々なところに住んでいるので、釣りをするには、場所にはことかかないのですが、逆にいえば、釣り場の環境が実に様々なので、1本のロッドで、すべての場所をカバーするのは実に難しくなるのです。

シーバスの場合は、その釣り場によって大体2~3のエリアに分けるのがよいと思います。大きくは磯、砂浜とその他(港湾や河口)のエリアです。
三つに分ける場合は、磯と砂浜、港湾、河口でしょうか。

磯や砂浜ではふだん波があることが多いので、海面まで近づきにくく、また磯では足場が高い場合が多いので、短いロットではルアーが水面に飛び出してしまって釣りになりません。また安全のためにも長いロットが必要です。
またどちらの場所もポイントが遠い場合が多いので、飛距離を出す必要があります。その点でも長いロッドはかかせません。大体13フィート以上(1フィートは約30㎝なので約4m以上)の長さがあればいいと考えてよいのですが、外海に面した荒磯でヒラスズキを狙う場合は、もっと長い15フィート以上のロットでも十分です。

港湾や河口ではそんなに長いロッドは必要ありませんが、消波ブロックや波止などでは、やや高い足場となる場合が多いので、大体9~12フィート(約3m)くらいの長さを基準とします。しかし河口や港湾などで足場が低く、遠投も必要ない場合では、6~8フィート(約2m)位のバスロッドクラスのロッドでも使うことができます。またこの他、最近はボートからシーバスを狙う人も増えていますが、この場合は6~8フィートクラスのロットが最適です。

できれば目的に合わせて、2から3本を用意できればよいのですが、高価なものなので、なかなかそうもいきません。最初の1本は、自分がどの場所に一番行くことが多いか、ということをよく考えて選んでください。そして将来活動範囲が広がったり、予算に余裕ができれば、新しく買い足せばよいと思います。材質はカーボン製がよいです。

シーバスロッド アクションとは?

ロットのアクションは、大きくは、負荷が加わったときに全体になめらかなカーブを描くパラボリックアクション(スロー・アクション)と、負荷に応じて先からだんだんに曲がっていくファースト・アクションのものに分けられます。

細かく分けると、①先調子(ファースト・アクション)、②7:3調子、③6:4調子、4胴調子(スロー・アクション)このほかまだまだ分かれるのですが、実際にはス囗-なものとファーストなものとに分けて考えれば、よいでしょう。

釣り竿 調子

釣り竿 調子

パラボリックアクション(スロー・アクション)

スローなアクションのロッドの特徴は、負荷が加わったときに全体にカーブを描きます。

まず長所として、負荷をロット全体で受け止めるため、急激なスズキの引きに対しても、ロット自体がしなやかに対応しバラシも少なくなることがあげられます。

また、軟らかいロッドになると、ロッドを振るだけで全体がたわみ、軽量のルアーを投げるのに適しています。  トラウト・ロッドには、比較的多いアクションです。ただし、スズキ用のルア一に、トラウト用ルアーに比較すると、重いものが多いので、スズキ釣りに流用できるとは限りません。

スローなアクションのロッドの短所としては、全体がたわむことにより、特に軟らかいロッドではアワセが利きにくく フックアップのパワーが不足してしまう点です。
特に、スズキに食い気がなく、アタリの小さなときには、この傾向が著しいようです。

そして硬いロッドではキャストの際、サオ全体を曲げなくてはならないため、かなりの力を必要とします。スズキを掛けた後も、その引きを殺すロッドのたわみが少なく、そのためかえってスズキのコントロールを妨げ、根に潜られる原因となることがあります。

スローテーパー ロッド

スローテーパー ロッド

ファースト・アクション

ファースト・アクションのロットは、スズキ用として理想的です。極端な先調子のものでなければ、ルアーの重さに応じてたわみ方が変わります。キャストの際の負荷重量も広く、スローのものより適応するルアーの幅も広いようです。

また、しっかりしたバット部が、アワセの際のフックアップをより確実にしてくれます。スズキを掛けたあと、スローなロッドよりも魚とのやり取りはぎこちなくなる欠点がありますが、これはリールのドラグを適正に調整しておくことで解消できます。

ルアーの飛距離も出しやすく、スズキを掛けたあとも魚をコントロールしやすく、根に持ち込ませないことも容易です。 スズキ用ロッドとして、負荷をかけたときに段がつくような曲がり方をせずに、なめらかな曲線を描くカーボン製のファースト・アクションのものがお勧めです。

ァーストテーパー ロッド

ァーストテーパー ロッド

ロッド表示の読み方

ロッドにはそのロットのメーカーや商品名などの他、そのロッドの特性つまりロッドの長さや硬さ、適応するルアーの重さやラインの太さなどが書かれであります。

この表示をカタロダからうまく読み取ることかできるようになれば、たとえそのロッドを実際に手に持たなくても、ある程度の特徴が、わかるようになります。自分の目指す釣りに合ったロッドを選ぶためにも、その読み方を覚えておくことはとても大切です。

ロッドに書かれてある表示の一例を挙げてみますと、下記のようになっています。
たとえばLength13′  Lure 20~50g Line 10~50Lbと書かれていた場合は、次のようなことが分かります。Lenghtはロットの長さです。「’」はフィートと読みます。1フィートは約30cmですから、つまり13フィートは約3.9mということになります。

Lureは適合ルアーの重さで、20~50gとあれば、この範囲の重さのルアーを使用すれば快適で安全な釣りができますよということです。
逆にいえばこれ以上の重さのルアーを使ったりすれば、ロッドが破損したり、あるいはロッドが硬すぎてうまく投げることができませんよ、ということになります。
重さは普通『g』で表示されますが、輸入品などではOZ(オンス)で表されています。1オンスは約28gです。

Lineはルアーと同じく適合するラインの強度を表し、強度Lb(ポンド)で表されています。
1ポンドは約500gのものを静止状態でぶら下げると切れる強さ、ということです、ポンド数を半分にすればKgでの強度が分かります。

ルアーと同じく適合ライン以上のものや、以下のものを使用すると、ヒットや根がかりのときに、ロッドの強度がラインの強度に負けて折れたり、逆に細い場合には、ロッドの強度に負けて、ラインか振り切れてしまったりします。

まだ日本独自の表示である『号』の表示をしたラインを使用する人も多いかと思いますが、通常4ポンドで1号、16ポンドで4号、30ポンドで8号となっています。

 
号数 ポンド(lb.) 強度(kg) 標準直径(mm)
1号 4lb 1.814 0.17mm
1.5号 6lb 2.7kg 0.21mm
2号 8lb 3.6kg 0.24mm
2.5号 10lb 4.5kg 0.26mm
3号 12lb 5.4kg 0.29mm
3.5号 14lb 6.3kg 0.31mm
4号 16lb 7.2kg 0.33mm

タックルは、それぞれの釣り場の状況や狙う魚によって組み合わせます。バランスよく組み合わされた夕ックルは、最大限のカを発揮できますが、バランスのわるいタックルは、たとえその中の一つがどんなに高性能で高価なものでも、その力を発揮することはできません。

バランスのわるいタックルの力はたとえれば野球やサッカーのワンマンチームです。ワンマンチームまりチームワークのよいチームのほうかより強い力を発揮できることはいうまでもありません。

ただ釣り場の状況は、場所によってそれぞれ違いかあるものです。たとえば、一口に磯といっても、足場が非常に高く、波の荒い磯があるかと思えば、穏やかな内湾の磯もあります、
表はあくまでも目安として参考にしてください。

タックル ロット リール ライン ルアー
港湾、河川などで足場が低い場合 6~8フィート 小型スピニングリール 6~12ポンド 7~15g

9~11cm

河口、テトラなどで足場か高い場合 9~12フィート 小型~中型スピニングリール 12~16ポンド 7~20g

9~15cm

磯、砂浜 13~15フィート 中型スピニングリール 14~30ポンド(磯)

12~16ポンド(砂浜)

15~40g

11~25cm

磯場 シーバスロッド 万能の11フィート

通常10~13フィートぐらいのロッドが使いやすいでしょう。ロットの長さを選ぶ基準としては、磯の高さを頭に入れる必要があります。低い磯で足元に障害物の少ない場所では、10フィート、11フィートといったロッドが使いやすいでしょう。

磯場で長い囗ッドを必要とする理由は、足場が高いと、ルアーが手元に来たときに上方へ引っぱり上げられる格好となり、足元で本来のアクションをしなくなってしまうことです。これを防ぐために 口ッドを下に向け、できるかぎり水面と平行にルアーを引いてやる必要があります。
高い磯場では13フィートの長さのものでも短く感じることさえあるくらいですが、ルアー・フィッシングのキャスティング数を考えると、これ以上の長さのロッドでは、体力的にきついです、足元のハエ根を回避してスズキを 取り込む際にも、ロッドの長さは必要になります。

ハエ根というのは、足元に棚状に張り出した岩や隠れ根のことです。スズキは障害物に沿って逃げようとしますので、そのとき根ずれによってラインを切られてしまうことが多いのです。そこでロッドを立ててこれをかわさなくてはなりません。磯場で比較的長いロッドが使用
されるのは、以上のような理由からです。

初めての釣り場や、オールマイティに使える磯場でのロッドを1本選ぶならば、11フィートをお勧めします。

磯のゲームでは、波やサラシの影響で、シーバスがルアーを食いそこねだり、アタリが一瞬だったりしてバイトまでもちこめないことが非常に多い。その状況を克服するには、魚の食い
込みがいいように、ディップ(穂先)が少し柔らかめのものをセレクトする。ただし、ロッド
のベリー(中ほど)とバッド(根元側)にパワーのあるものでないと、魚を寄せるのが難しい。

磯場 シーバスフィッシング

磯場 シーバスフィッシング

おすすめ シマノ スピニングロッド ディアルーナ XR シーバス S1100M 11フィート

シーバスロッドで10ft以上のロッドは3万円以上で価格が高いですがこのロッドは2万円台で購入でき、しかもメーカー品です。どこでも使用できる、おすすめの磯のシーバスロッドです。

アマゾン 楽天

サーフ シーバスロッド 標準の10フィート サイズ

砂浜でのスズキ・フィッシングは、磯場のような足場の悪さはありません。しかし、広い砂浜をポイントを変えながら釣り歩くことから、軽いロッドであることが必要です。一方、広い範囲をカバーするために、飛距離が出せる長めのものが使いやすいでしょう。

長いロッドは飛距離は出るが重くなる、この背反した条件を二つとも満すことはなかなか難しいのですが、どこにその接点を置き、ロッドの長さを決めるかは、使う人の体力によります。

一般的にいって、ポイントが近いときには9、10フィートのもの。体力に自信のある大は11~13フィートぐらいのロッドがよいでしょう。立ち込んで釣りをするときにはあまり長いものは使いにくく、9~11フィートが向いています。

又、風や波が強い時はパワーがあるロングロッドが良いでしょう、風、波がない場合はルアーの動き、水の流れが分かり易い短めのロッドを選ぶと良いでしょう。

もし、砂浜用のものを1本、というのであれば、10フィートのロッド、大物の釣れる場所では11フィートがお勧めです。

サーフ シーバス フィッシング

サーフ シーバス フィッシング

おすすめ シマノ スピニングロッド ディアルーナ XR シーバス S1000ML 10フィート

シマノ スピニングロッド ディアルーナ XRの10フィートサイズです、価格も手ごろで品質、性能も有名メーカーなので安心です、サーフ用のおすすめシーバスロッドです。

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディアルーナXR S1000ML シマノ/SHIMANO シーバスロッド 30%OFF
価格:21772円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

河川 シーバスロッド 7~10フィート サイズ

川での立ち込み用のロットとしては、7~10フィートのものが使いやすいでしょう。狩野川をはじめとして大きな河川では、スズキが上流深<まで上っていきます。

岸際までの急なカケアガリが迫っているポイントや深場では、立ち込む必要はありませんが、沖にカケアガリがあり、浅瀬が続く場所では、そこまで立ち込む必要があります。そうしないと、手前の浅瀬にルアーを引っ掛けてしまいますし、アユや川の小魚をねらって集まってくるスズキの目の前にルアーを通すためには、このカケアガリの際に立ったほうが有利です。

潮の干満に乗って移動するスズキは、潮の状況によってその付き場が変わります。 したがって、一本のロットを持って、河口から上流域まで探って歩くような釣りが要求されます。

軽くて持ち運びが楽で、遠投もきき、足元の障害物も回避できるような長さを考えると、8、9フィート、河口の防波堤での釣りまで考えると、10フィートが適当でしょう。川の釣りを考えずに、河口の防波堤や砂浜用のロットを選ぶなら、先にあげたそれぞれの項目を参考にしてください。

河川 シーバス釣り

河川 シーバス釣り

おすすめ シマノ スピニングロッド ルアーマチック S90ML 9フィート

軽量で一日、ロッドを振っても疲れません。価格、品質、性能もGoodです、女性のビギナーにおすすめの万能のシーバスロッドです、トラウト用にも使用可能です。

*アマゾンでシーバスロッドで連続一位の人気商品です。(2017年12月 現在)

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

shimanoルアーマチック[LUREMATIC] S90ML /メーカー[シマノ SHIMANO]
価格:6232円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

防波堤、港湾 シーバスロッド 9~13フィート サイズ

一口で防波堤といっても、足元を波が洗う低いものから、水面まで5m以上もあろうかという高いものまでさまざまです。したがって、足場の高い防波堤では磯場での釣り同様に、11~13フィートといった長いロッドを使用します。

こういった足場の高い場所では、これも磯場同様、取り込みにも気をつかわなければなりません。水面まで十分に届<長さのギャフか玉網、あるいはロープの先にオモリとカケバリを付けたものなどを用意する必要があります。もちろん干潮時の、水面がもっとも下がったときのことを頭に入れておいてください。

足場が低く、内湾の波静かなポイントでは、8~10フィートのロッドが軽くて使いやすいでしょう。奥まった運河の中などでは、7フィートクラスの短いものが便利なことがあります。

ただし足元に消波ブロックがある場所では、磯場のハエ根同様、長いロッドが有利なことはいうまでもありません。

防波堤用のロッドを1本、ということであれば、9フィートか10フィートのロッド、足場の高い防波堤ならば、磯場と兼用で11~13フィートのロッドをお勧めします。

防波堤 シーバスフィシング

防波堤 シーバスフィシング

おすすめ シマノ スピニングロッド ルアーマチック S90ML 9フィート

軽量で一日、ロッドを振っても疲れません。価格、品質、性能もGoodです、女性のビギナーにおすすめの万能のシーバスロッドです、トラウト用にも使用可能です。

*アマゾンでシーバスロッド 9フィートでベストセラーの人気商品です。(2017年12月 現在)

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

shimanoルアーマチック[LUREMATIC] S90ML /メーカー[シマノ SHIMANO]
価格:6232円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

船、ボート シーバスロッド ~フィート サイズ

キャスティングゲームの場合は、船上での取り次わしのよさが求められる。ショートレンジ
の障害物に正確にルアーをキャストできるファストテーパーで5~6.6フィートのスピニングロッドかベイトロッドがいいだろう。

ジギングゲームでは、キヤストのしやすさはそれほど必要ない。ラインさばきのしやすい
フィート前後のベイトロッドが適している。ラインやルアーとのバランスが悪くなければ、バ
スロットなどで代用することも可能です。

ボード シーバスフィシング

ボード シーバスフィシング

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S60L 6フィート

ブラックバス トラウト メバル カサゴ用のスピニングロッドです、ボートでのシーバス釣りならこれで問題ありません、価格も安いシマノのロッドです。

*アマゾンでルアーロッド6 フィートで ベストセラーの人気商品です。(2017年12月 現在)

アマゾン 楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) ルアーマチック S60L LUREMATIC S60L【あす楽対応】
価格:4607円(税込、送料別) (2017/12/16時点)

シーバスロッド おすすめ ネット通販サイト 価格比較

 アマゾン シーバスロッド 売れ筋ランキング  

アマゾンのおすすめ シーバスロッド ランキングです。一時間毎に更新されます。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

アマゾン シーバスロッド ランキング

アマゾン シーバスロッド  売れ筋ランキング(現在2017年712月14日)

おすすめ 楽天ショップ シーバスロッド ランキング

楽天ショップのシーバスロッド 売れ筋 ランキングは下記のとおり。

最新ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。
楽天 シーバスロッド ランキング 

楽天 シーバスロッド ラインキング

楽天 シーバスロッド ラインキング(2017年12月14日 現在)

Yahoo!ショッピング  ランキング シーバスロッド

Yahoo!ショッピングの売れ筋 シーバスロッド ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。


Yahoo!ショッピングシーバスロッド ラインキング(2017年12月14日 現在)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする