サクラマス釣り 漆沢ダム 2018年4月28日(土)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  サクラマス釣り 漆沢ダム

GWがスタートし、川でのサクラマス釣りが混雑が予想されるのでレイク、湖のサクラマスを狙いに鳴瀬川 上流の加美町の漆沢ダムに早朝5時に向かう、現地到着は6時頃。

天気は快晴、しかし里は寒くなかったが山里は風が吹いていたせいもあり、寒かった、気温8℃。

例年はGWには開通してる漆沢ダムの道路がまだ雪の除雪作業が終了しておらず、閉鎖されており、山菜採りにきていた方も通行できず、立ち往生だったので仕方がないので車を道端に止めてダム上流の流れ込みがある公園まで歩く。

途中、3か所 雪が道路を塞いでいる箇所があり、当分は通行止めが続くと思われた、所用時間約20分で目的の漆沢ダム公園につく。

公園の桜は今が満開、花見の隠れた穴場である、例年 里の桜より2週間遅れて咲く。

ゴールデンウィークの穴場である。

漆沢ダム公園

漆沢ダム公園

今日のポイントは漆沢ダムのふたつの支流の合流点を狙っていた。

しかし、雪代水の影響で漆沢ダムの貯水水位は268(m)と満杯状態であり、夏場に岸辺に茂っていた樹は水没しており、ポイントの水面に近づけない状態。(平常時最高貯水位は270.50 (m) )

仕方がないので支流の唐府沢の流れ込みエリアに変更。

まずは唐府沢橋の上流を攻めて、徐々に唐府滝に移動、唐府滝上流には渓流センターがあり、イワナ、ヤマメを以前は養殖していた。

水質は悪くなく、雪代による汚れの影響はなかったがアタリはゼロ、上流の唐府滝まで移動してここで今日の釣りは終了。

唐府滝 虹

唐府滝 虹

 唐府滝 カタクリの花

カタクリの花 唐府滝

唐府沢橋 Google ストリートビュー

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

ダム湖、レイクのトラウト釣り

湖およびダム湖の上流にヤマメ、イワナが生息していれば湖を海と見立て陸封型のサクラマスアメマスが生息してくる可能性が高くなる、有名なポイントとしては岩手の岩洞湖、北海道の洞爺湖、宮城県の七ヶ宿ダム、山形県の銀山湖である。

湖でのサクラマスは40㎝前後の小型が多いが特にワカサギ釣りで有名な湖はワカサギを捕食するので海サクラマスに匹敵するほどのサクラマスが育つ。

しかし、湖での釣りは山の雪代の影響をもろに受けて透明度、水位、水温が変化する。通常、雪代は3月中旬から始まり、4月末には終了するのがパターンである。

下記はダム湖である宮城県大倉ダムの貯水水位の例であるが3月中旬から水位が上昇して田植えが始まる5月中旬までダムの水位が高い。

ダム湖へ釣りに行く前は各都道府県のダムの水位をネットで確認したほうがベターです。

全国のダム貯水情報 国土交通省

ダム貯水・水位と川の状況

ダム貯水・水位と川の状況

参考サイト:宮城県各管理ダム貯水状況について


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする