カレイ釣り 仙台 大型漁礁 2018年5月26日(土)

スポンサーリンク
松島湾

釣りバカ日誌   カレイ釣り 仙台 大型漁礁

前日、以前の会社の先輩から船でのカレイ釣りの誘いがあったので鮭川・サクラマス釣りを延期してカレイ釣りに行く。

午前9:00に待合場所の貞山堀に到着、9時半に出航し、今日のポイントの仙台 大型漁礁を目指す。

しかし、松島湾を過ぎて大根付近から南風が少し強くなった為にすでに仙台 漁礁で釣りをしている知り合いの方に先輩が電話をして状況を確認する。

やはり、沖合でも南風が強いとの回答であったがとりあえず現場に行こうとの先輩の判断で仙台 大型漁礁に午後11時頃に到着。

風は強いが釣りをするにはギリギリ、セーフなので急いで仕掛けを青く透明な海に投入する。水深は約40m前後。

15分間は当たりがなかったその後は40㎝クラスのカレイの入れ喰い状態、リールを巻くのが大変で手が指が痛くなる、入れ食い状態は続いていたが風も強くなったので午後1時には納竿し、戻る。

釣果は2時間でカレイ13匹 アイナメ1匹 ホウボウ 1匹の爆釣でした。

仙台 大型漁礁

仙台 大型漁礁

仙台 大型漁礁 釣果

仙台 大型漁礁 釣果、捌いて料理するまで2時間と釣りする時間以上にかかった。

塩釜市 船入 貞山堀   Google ストリートビュー

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

一本バリでハリスは太くしなやかに

カレイ釣りの仕掛けは2本バリ、3本バリとハリを多くつけて釣れる確率を多くする傾向にあるしかし、9割~8割は一匹しかつれない、ましてやトリプルは5%にも満たないではないだろうか??

ハリを多くすればエサをつけなければならず、また根かがりする確率も2倍、3倍と増加する、又、ハリ、ハリス同士が絡みやすくなり、団子状態になりカレイも釣れにくくなる。

一本バリは絡むこともなく、エサをムダにすることもなく、確実に当たりが分かり易くヒットしやすい、3本バリと比較してもそれほど釣果に差はでない。

ましてビギナーの場合は当たりも分かり難いし、ラインが絡んでもそのままにしておく場合が多いので逆に3本ハリでは釣果が落ちやすい。

Simple is Best

極力、簡単なモノがいい。

又、ハリスもエサが自然に漂うようにしなやかなほうがカレイに違和感を与えないで食わせることができる。

しかし、ラリスが細いとしなやかであるが切れやすいので太くてもやわらかい素材を選んだ方がカレイの喰いは良く、且つ、カレイが釣れた時および根がかりの時に切れにくい。

おすすめ カレイ釣り ハリス

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー リアルFX 60m単品 5号

シーガーハリスシリーズで最もしなやかでやわらかい特性を持たせたフロロカーボンハリス。付け餌の流しを、より自然な状態に近づけたり、繊細な仕掛け操作で釣り人の実力を発揮させます。

アマゾン 楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする