鮎釣り 真室川、鮭川 2019年7月30日(火)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  鮎釣り 鮭川

解禁日の不調を取り戻すべく、又 山を越えて山形県へ、片道2時間の旅。

まずは眞室川の新橋の上流で釣りを開始、ぽつり、ぽつりと釣れるが昼までの10匹どまり。

昼食後、気分を変えて真室川病院裏のトロ場を狙うがハミ跡が見えず、早々に撤退。

川を見渡すが釣り人が少ない。2、3名程度、やはり釣れてない証拠か?

水は例年と比較すると少なく、渇水状態、たまに稚鮎が浮いており今年のアユ釣りが心配になる。

最後は下流の鮭川橋に移動、橋の下流500mの中州の右側の岩盤に期待とこめてアユを送り込みが当たりなし、ここでやっと3匹取り込んで納竿のタイムとなる。

鮭川 鮎釣り ポイントMap

鮭川の鮎釣りのポイントは下記の地図を参照して下さい。

空撮動画 鮭川橋 アユ釣り ポイント

ドローンでの初のアユ釣りポイント 空撮動画、操作未熟のために怖くて水面に近づけず。

今年は渇水、石の状態が良くわかる。川の状態が良く把握し、来年に備えましょう!

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

釣り場のポイント

いかに釣りの技量があろうと、道具が優れたモノであろうと、ベストな時間、季節であろうとポイント、場所の選択を間違えば釣れない。

ポイントを見極める目は虫の眼だけでは足りない、やはり鳥の眼で釣り場を全体を見渡す必要がある。

ドローンは人に鳥の眼を与えてくれる素晴らしい最新機器である。

アウトドア 釣り、登山用ドローン おすすめ

軽量、430 g サイズ 168×83×49 小型ドローン DJI MAVIC AIR

格安の10万円以下で4K空撮動画 撮影が可能。」


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする