ヒラメ釣り 北上川(追波川)長面新漁港 2021年10月25日(月)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  晩秋のヒラメ釣り 長面新漁港

座布団ヒラメを求めて追波川河口の長面新漁港に行く。

今日は中潮、海水温19℃ Good!

長面新漁港 釣りMap

ここは数年前は震災の復興工事で立ち入り禁止であったがようやく、道路も整備させて長面漁港迄、車で行けるようになった。

ネット検索すると以前はヒラメ、マゴチ釣りの天国であったとの事、釣れる魚は、ハゼ、マコガレイ、カワガレイ、マガレイ、ヒラメ、、マゴチ、シーバスなど。

海が荒れている時でも竿がだせる場合が多く、良型も期待できる。

長面新漁港 Google マップ  ストリートビュー


みやぎスマイルビーチプログラム 追波湾サーフィン

実釣 ヒラメ釣り  長面新漁港

午後3時に長面新漁港に到着し、駐車し、釣り支度をして防波堤先端に向かう。

既に2名の方が釣り糸を垂らしていた、一名はメバル狙い、もう一名は五目釣り。

今日の仕掛けはハゼの泳がせ釣りでのヒラメ釣り。

市販の泳がせヒラメ釣り仕掛けを改造して自作する。

ハゼの泳がせ釣り

ハゼの泳がせ釣り

孫バリは『がまかつ(Gamakatsu) トリプルフック 泳がせヒラメ 8号』を使用。

まずは防波堤先端の船道に投げて釣り開始、ここは手前の約3mに消波ブロックが埋設されているので回収時は根掛かりに要注意、沖は砂地。

竿を2本 準備して今日、釣ってきたばかりのハゼの口と腹部にハリを通して30m位先にキャスト。

10分経過も当たりなし、暇なので防波堤沿いに青イソメを餌に脈釣りをする。

すると即時、あたり! 15㎝クラスのどんこ。

15㎝クラスのどんこ

その後、どんこの入れ食いとなるが肝心のヒラメに当たりはなし。

竿を移動して再投入。

次第に周囲は暗くなり、夕暮れが訪れる。

定刻の時間6時が来たが当たりなし、納竿となる。

youtube 空撮 長面新漁港

空撮動画でシャローエリア等の地形を把握して参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする