ヒラメ釣り 北上川(追波川)長面新漁港 2021年11月01日(月)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  晩秋のヒラメ釣り 長面新漁港

座布団ヒラメを求めて追波川河口の長面新漁港に行く。

今日はヒラメが食いたいので前回10月25日も試した釣れる確率が高い『ハゼの泳がせ釣り』で再トライ。

当日の潮汐

勝負の時間は午後2時前後の満潮時。

潮汐 石巻

当日の海水温

当日の水温は18℃前後。

海水温 石巻

引用サイト:東北ブロック沿岸水温速報

長面新漁港 釣りMap

ここは数年前は震災の復興工事で立ち入り禁止であったがようやく、道路も整備させて長面漁港迄、車で行けるようになった。

ネット検索すると以前はヒラメ、マゴチ釣りの天国であったとの事、釣れる魚は、ハゼ、マコガレイ、カワガレイ、マガレイ、ヒラメ、、マゴチ、シーバスなど。

海が荒れている時でも竿がだせる場合が多く、良型も期待できる。

長面新漁港 Google マップ  ストリートビュー


実釣 ヒラメ釣り  長面新漁港

午後3時に長面新漁港に到着し、先行者が3名、投げ釣りをしていたが釣れていない様子。

しかし、一名の方のバケツには巨大キスが泳いでした。

体長20㎝はありそう、ここの防波堤の底は砂地なのでキスが生息しているのだろう。

今日も仕掛けは自作ハゼの泳がせ釣りでのヒラメ釣り。

長面新漁港 防波堤

長面新漁港 防波堤

長面新漁港 

既に紅葉シーズン

早速、泳がせ仕掛けにハゼをセットして防波堤の20m先に投げ込む。

10分、経過 当たりなしがないので仕掛けを回収。

ハゼが半身不随状態、動かない。

オモリと間隔が狭い(ハリスが短い)とすぐにハゼの動きが悪くなるとの事なのでハリスを1.5mに変更して仕掛けを再投入する。

10分後に場所を移動する為にリールを巻くと重い!

ゴミでも引っ掛かっているのかと思いリールを巻き上げる、重い。

タモも使用せずに一気に引き上げる。

犯人が判明、『赤エイ』だった。

サイズは50㎝オーバー、釣りたくない魚の王者。

尻尾には有毒なハリを持っているので慎重にハリを外し、海に返す。

赤エイ  長面新漁港

赤エイ  長面新漁港

次に新しいハゼを取り付けて再度、仕掛けを投入。

10分後、リールを巻き上げるとまた重い。

今度はヒラメかと祈る気持ちでリールを巻き上げるがやはり、今度も『赤エイ』・・・・

ダブル連発でアカエイをゲット、その後 日も暮れだして当たりもなくなり、定刻の時間6時を迎え、納竿とする。

ダブル連発 アカエイ

ダブル連発 アカエイ

youtube 空撮 長面新漁港

空撮動画でシャローエリア等の地形を把握して参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする