鮎釣りの道具、用具、服装の選び方【図解】

スポンサーリンク

鮎釣りの道具、用具、服装の選び方

鮎釣りをするのは鮎竿、オトリ缶、引き舟、玉網、鮎タイツ、 鮎ブーツ、鮎ベスト等色々な道具、用具が必要です。

そこで、鮎釣り初心者の方にも自分にマッチした鮎道具が選べて、購入できるように下記のポイントをメインに鮎釣りの道具、用具、服装の選び方について解説しています、参考になれば幸いです。(^^)/

・鮎釣り道具の基本、構造、性能
・鮎釣り道具 激安通販
・鮎釣り道具 費用
・鮎釣り 道具 おすすめ
・鮎釣り道具 中古
・鮎釣り道具 オークション

ひと目でわかる目次

動画 鮎友釣り初心者が必要な道具

鮎竿、アユ竿の特性、性能

竹竿の時代からグラスロットの時代、さらに超軽量カーボンロットの時代へ。科学の著しい進歩はアユ竿にも変化をもたらした。かつて7mが標準とされたアユ竿も、いまや9mが標準となっている。

しかし、長ければ長いほど扱いは難しい。入門者には取り回しがよく、操作性に優れた7~8mがおすすめ。まずはオトリや竿の扱いに慣れることが大切である、竿を通して伝わるオトリの動き、アタリの感触に神経を集中しながら友釣に親しもう。

アユ竿の長さと重さ

竿の長さに振り回されないこと

河川の大きさはまちまちだが、川岸から広い範囲に点在する縄張りを探るためには長い竿が必要だ。また、仕掛けにつながれたオトリアユにあまり大きな負担をかけず自由に泳がせるにも、竿にはある程度の長さが欠かせない。短竿ではオトリアユを自在に操作することができないのだ。

ただ、竿は長ければ長いほど操作しづらくなる。軽いカーボンロットの登場により、アユ竿(友釣り専用ロットを友竿ともいう)は次第に長くかって、10mを越す竿も増えたが、初心者が10mの竿を持つと持てあまし、オトリアユを泳かすどころではなくなり、2~3時間すれば疲労困憊して、河原に座り込みたくなってしまう。

以前は7mからはじめ、8m、9m、10mと徐々に長い竿に慣れていくのが基本とされた。しかし、カーボンロットの進化によって長くても軽くて操作性のよいアユ竿が登場している。現在は9m、9.5mあたりが基準の長さ。

なかには10m以上で自重が300gを切るような竿もあるが、その代わり値段が数十万円という単位になるから初心者向きとは言い難い。メーカーやクラブが末経験者のための講習会を行うときは、竿などを貸し出してくれるから、そういう機会を活用して自分に合ったアユ竿を購入するとよい。

7~8mの竿でも友釣りはできる

アユの友釣りは難しいイメージがある。それ以上に敷居を高くしているのが竿の長さと値段の高さだ。けれど昔は7mの竿でも釣りができいた。時代とともに道具、釣り方が変化したが鮎そのものは変わったわけではない。川幅も広くなったというわけではないから、7mや8m程度の長さがあれば友釣りが楽しめる。

最近はそういう原点に戻り、入門者向けに7~8m竿が市販されている。下ページに示しだのはその一例だが、自重は7mで200g剛後、8mという長さでも230g、8.5mでさえ260gと軽くなっている。値段は入門に手頃な3万円台からあり、値段に似合わないほど、の最新機能が備わっている。もちろん、短いことによるデメリットはあるが、初心者にとってはメリットのほうが多い。

アユ竿 長さ 価格

アユ竿 長さ 価格

短い竿は取り回しがよく、風に強く、オトリアユを交換したり、操作するのも楽である。短かいから感度にも優れ、オトリアユの微妙な動きをつかみやすい。

昔の竿と違って穂先はしなやかだからオトリアユに負担をかけることもなく、それでいて胴もしっかりしていて持ち重りせず、アユを引き寄せるパワーも十分に備えている。

競技の釣りでは長竿が有利な面もあるが、一般的には川岸や川幅の狭い支流や分流のほうがアユ多い。そうゆうポイントを攻める時には長竿はかえって邪魔になる。

ベテランたちが長竿で遠くのポイントへオトリアユを泳がせているときは、短竿で近くの場荒れしていないエリアを探るほうが効果的だし、何よりも友釣りの基本をマスターしやすい。

諺に『大は小を兼ねる』があるが鮎竿ではこれはマッチしない。

逆に短竿で人の入らない場所で釣りした方が釣果があがる。

鮎釣りは「人の行く裏に道あり花の山」である。

長さに慣れるのがトラブルを防ぐコツ

これから友釣りに入門する釣り人には7mか8mの竿がおすすめである。自重の目安は200~250g。その範囲内なら初心者でも無理なく操作できる。1シーズンか2シーズン釣りを経験して、竿の操作にも慣れてポインドを広く探りたいという欲求を感じたら9m以上の 竿を購入するとよい。

値段は多少高くなるが、竿の長さを変えられるタイプの竿もある。釣り場条件に合わせて1本が2本分の働きをしてくれるからお買い得かもしれない。才トリアユを交換するとき、泳がせるとき、風の強い日は短くして使い、送り込むときや取り込むときは長く伸ばす。アタリがあったら手元を伸ばして竿を立て、弾力をフルにいかしながら取り込む。

竿が短いと、そのぶん釣り人とアユとの距離も短くなるため、アユに警戒心をあたえるというデメリットがある。ただ、それは姿勢を低くするとか、自分の影が川に映らない方向から竿を出すとか、ゆっくり移動するという方法でクリアでできる。それは友釣り基本でもある。

日常生活で7~8mの長さの物を持ち歩くことは滅多にないから、竿の長さに気づかす、余計なトラブルを引き起こすことがある。

竿先を他人の竿や木の枝にぶつけて折ったり、河原に置いて踏まれたり、傷つけたり、いちばん危険なのは送電線などにぶつけて感電するというトラブル。橋をくぐるときには十分注意しよう。

アユ 中州では短竿が有利

アユ 中州では短竿が有利

アユ竿 調子の種類

一般的な竿の調子とアユ竿の調子

竿の調子というのは、竿を大きく曲げたときに曲がりの支点がどこにくるかということである。支点が竿の先端側にあれば先調子、手元側にあれば手元調子、ほぼ真ん中の胴部分にあれば胴調子(本調子)と呼ばれる。

一般には竿の長さを10等分したとき、曲がりの支点が6一4の調子を胴調子、7ー3の調子を先調子、8一2、~9一1の調子を超先調子と呼ぶ。手元調子は特殊な竿に用いられる程度で、現在ではほとんど見かけ尽くなった調子だ。

先調子は手元が硬いのでブレが少なく扱いやすいのが特徴。感度にも優れ、魚を引き寄せる力が強い反面、しなりが小さいのでラインには負担が大きく、ライン切れによるバラシは多くなってしまう。友釣りの場合にはオトリアユヘの負担も大きいが、才トリアユを操作しなが
ら動きを読み取るという感度には優れている。

胴調子は全体が大きくしなるので持ったときに重く感じられ、ブレも大きいため扱いづらい。風の強い日などは持っていられないほどだ。しなりがオトリアユの動きを吸収するから感度的には鈍く、魚を引き寄せるパワーにも欠けてしまうが、オトリアユヘの負担は小さい。小型のオトリアユを泳がせるには適しており、ラインへの負担も小さいのでバラシは少ない。

このように先調子と胴調子にはそれぞれのメリットとデメリットがあり、デメリットが致命的なトラブルを引き起こすことが少なくない。そこで、実際には先調子と胴調子の中間的な調子で竿が作られており、先調子寄りのタイプと胴調子寄りのタイプに分けられている。

釣り竿 調子

釣り竿 調子

入門者には平均的な調子が扱いやすい

友釣りに使われるアユ竿はオトリアユを操作できなければならないため、ほとんどが先調子であるが、用途に応じて微妙に調子が異なっている。流れに厚みのある荒瀬ではパワーのある先調子でないとオトリアユをコントロールできず、掛かりアユを一気に引き抜くこともできない。

早瀬で同じ竿を使用するとオトリアユヘの負担が大きすぎて流れに入っていけなくなるため、ややしなやかな先調子の竿が扱いやすい。

また、最近はオトリアユを操作しているときは先調子気味の特性をもち、野アユが掛かって竿かある一定のラインまで曲がると反発力が引き出され、粘り腰を発揮して胴調子気味の特性を発揮する竿も開発されている。ベテランはそれぞれの調子を釣り場や条件に応じて使い分けるケースも多いが、入門者が高価なアユ竿を何本も買いそろえる必要はないだろう。

入門者向けに設計されたアユ竿は、感度、操作性、パワー、粘りを適度に組み合わせた平均的な調子に仕上がっているものが多いから、そういう意味でも高価なアユ竿よりは手ごろな価格のアユ竿が扱いやすい。高価なアユ竿には超高弾性カーボン素材が採用されているため、軽くて高度なテクニックにも対応するが、使い慣れない人にとっては繊細すぎてむしろ扱いづらい面をもっているからだ。

アユ竿 先調子&胴調子の比較

アユ竿 先調子&胴調子の比較

鮎竿の硬さ

鮎竿の硬さは、自分のスタイルにあった硬さを選びます。柔らかければ細い糸使った繊細な仕掛けを使えハリ掛かりがよくなります、泳がせ釣りに向いています。

一方、硬ければパワーがあり一気に引き抜くことができます、瀬での引き釣りに向いている竿です。

鮎竿 硬さの目安
中硬硬 柔らかい 泳がせ釣り向き
硬調 万能
硬硬調 硬い   荒瀬での引き釣り向き

穂先の種類とカタログの読み方

アユ竿の調子を左右するのが穂先である。穂先にはしなやかなソリッド(ムク)と適度な硬さのあるチューブラー(中空)があり、ソリッドタイプはオトリアユを泳がせやすく、小型のオトリアユも負担をかけずに自然に送り込むことができる。チューブラータイプのほうはし
なやかさに欠けるが操作性と感度に優れ、オトリアユを操作しやすく動きを読み取りやすい。

入門者向けに設計されたアユ竿にはチューブラー穂先、または硬めのソリッド穂先を採用したものが多く、これなら才モリを使った釣り方にも無理なく対応可能である。穂先だけを交換できる替穂付きのアユ竿もあり、ソリッド穂先とチューブラー穂先、同じチューブラー穂先でも通常タイプとパワータイプという組み合わせになっているものが多い。1本が2本に使えて便利ではあるが、その違いを理解していなければ意味がないし、余計な迷いが生じる結果となる。

カタログに表示されたデータを参考にする場合、まずは長さと自重に注目しよう。いくら値段が安くても自重が260gを上回るようだと重く感じられる。穂先のしなやかさ(硬さ)を表す錘負荷は0~5号あたりが目安である。

アユ竿には竿全体のしなやかさとパワー(弾力と反発力)を表す数値が「適合水中糸」によって表記されている。これはルアーロットなら適合ライン、磯竿なら適合ハリスなどに相当する数値だが、ナイロンで0.2~0.8号、メタルラインで0.1~0.25号というのが目安だ。これ以上の表示だとやり取り中にラインが切れるトラブルが多くなり、反対に適合水中糸の数値が小さすぎる竿の場合、ラインが切れる心配がなくなる代わりに、魚を寄せることができなくなってしまう。

アユ竿 カタログ 読み方

アユ竿 カタログ 読み方

チューブラー穂先、トップ

チューブラー穂先 とは、イメージ図のように釣り竿の先端部分の内部が中空構造( パイプ状 )になっています。 ソリッド穂先 と比較すると、反発力が強くて張りがある曲がりにくい竿先に仕上がっている。

汎用性が高い構造なので一般的な鮎竿やルアーロッドなどに幅広く採用されています。

チューブラーの長所:

反発力が強くて張りがある竿先なので、魚のアタリが竿を持っている手元までダイレクトに伝わりやすく高感度です。仕掛けのコントロールやルアーフィッシングのルアーを泳がせてリアルにアクションさせたりする操作性にも優れています。

チューブラーの短所:

反発力が強いため魚がに違和感を感じやすく小さなアタリを弾いてしまうことがあります。必要以上の負荷を掛けてしまうと、竿先がポキッと折れて破損することがあるので、取り扱いには十分注意してください。

ソリッド穂先 トップ

ソリッド穂先 とは、イメージ図のように釣り竿の先端部分の内部が無垢構造( 詰まっている状態 )になっています。

チューブラー穂先 との違いを比較すると、柔軟性と粘りがあってよく曲がるしなやかな竿先に仕上がっているのが大きな特徴です。

フカセ釣りに特化したグレ竿やチヌ竿などの磯竿に採用されています。トップ( 穂先 )の部分がソリッドタイプになっている磯竿は、強さの基準となるスペックの号数が 00 号から 2 号までです。

ルアーフィッシングでは、ソルトルアーのアジングやメバリングなどで使用するライトゲーム専用のルアーロッドなどに採用されています。

ソリッドのメリット

柔軟性があるしなやかな竿先で違和感なく餌や食い込ませて魚を乗せることができます。フカセ釣りやアジングなどのテクニック重視の釣りに最適です。

ソリッドのデメリット

軽い仕掛けやルアーを使用する比較的に繊細かつライトな釣りに適した設計になっているので、重い仕掛けやルアーを取り扱うのは苦手です。

チューブラー穂先、トップ&ソリッドの比較

チューブラー穂先、トップ&ソリッドの比較

チューブラー穂先、トップ&ソリッドの比較

動画 鮎竿の解説

鮎竿の調子等について現物で解説、GOODです。

鮎竿、アユ竿 賢い 選び方

値段が安いだけの竿には要注意!

一般に「竿は腕の延長、リールは手の延長」などといわれる。リールを使わない釣りにおいては1本の竿に腕と手がある、曲がりの支点が手首、穂先が指先と同じような役割を果たす。

オトリアユの動きを指先に感じながら手首でアユを操作するわけだ。それが理想のアユ竿だが、アユ竿を腕や手の一部にできるかどうかは釣り人次第である。どんなに高価なアユ竿も使いこなせなければただの棒になってしまう。最初は自分の技量に合った竿を使い、腕や手や
指先の感度を鍛えるほうが上達は早い。

しかし、アユ竿の善し悪しは店頭で軽く振ってみただけでは分からない。実際に使ったら穂先が震えっぱなしでアユが掛かると胴ブレを起こすような竿もある。そんな竿ではオトリアユと一体化するなどという醍醐味を味わうことはできないし、野アユの走りを止められず、竿
を一直線にのされてラインを切られる。引き抜くとあらぬ方向ヘアユが飛んでしまう。

値段が安いだけの竿は腕や手や指先の感度を鍛えるどころか、ただでさえ未熟なテクニックレベルが竿によって引き下げられる。これでは友釣りの楽しさは体感できない。カタログの表記だけからは見えない部分は、やはり経験者に見てもらうのが無難だ。

シーズン中はメーカー主催の講習会などに参加し、ベテランからアドバイスを受けながら実際に入門者向けの竿を持ってみるとよい。安い買い物ではないし、数年は付き合うことになる相棒である。じっくり吟味して購入することをおすすめしたい。

下記が鮎竿を選ぶ時のポイントです。

①予算(購入予定金額)

②良く行く河川規模に合わせる

③自分の好きなアユ釣り トロ、激流

④好きなメーカー

⑤メーカーの保障期間およびパーツの製造期間

⑥展示会などで実際に使用

鮎竿 中古品 買い取りショップ 比較

鮎竿は高価なので中古品で手頃な商品を購入する方法もあります、5年前の5,6万円の鮎竿でも問題なく使用でき、価格が1~2万円台にリーズナブルになっています。

日本最大中古釣具WEBショップであるタックルベリーが有名です、又 楽天、ヤフオク、メルカリでも激安な鮎竿が販売されている。

購入する際は、他業者と比較して価格、中古程度、保証期間等を確認する事です。

決して安物買いの、銭失いをしないこと。

ヤフオク! 鮎竿 中古

おなじみのヤフオク!は、お店にないものも見つかる、買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。

ヤフオク!   鮎竿 中古⇒ 検索結果

クリックすると最新版がわかります。

ヤフオク! 鮎竿 中古

ヤフオク! 鮎竿 中古

メルカリ 中古品 鮎竿

メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。

クリックすると最新版がわかります。

メルカリ 中古品 鮎竿

メルカリ 中古品 鮎竿

楽天 中古品 鮎竿

楽天市場では格安、激安の中古品 鮎竿 を販売しています。

下記リンクは楽天が販売している激安 中古品、クリックすると最新版がわかります。

楽天 中古品 鮎竿

楽天 中古品 鮎竿

@ベリーネット 日本最大中古釣具WEBショップ

@ベリーネット(以下、「本サイト」と言います)は株式会社タックルベリー(以下、「当社」と言います)が所有および運営する釣具のECサイトです。

ここでも鮎竿が販売しています。クリックすると最新版がわかります。

@ベリーネット 日本最大中古釣具WEBショップ

@ベリーネット 日本最大中古釣具WEBショップ

オークファン  鮎竿 中古

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト、オークファン。
ヤフオク!、Amazon、eBay、フリル、楽天など国内外のサイトに幅広く対応し、幅広い月額サービスで物販初心者から物販事業者までサポートしています。

現在の鮎竿 中古の価格相場も簡単に調べられます。(無料会員登録あり

クリックすると最新版がわかります。

オークファン  鮎竿 中古

オークファン  鮎竿 中古

2020年  おすすめ 鮎竿 通販サイト

鮎竿の販売で現在、成長しているのが、インターネット通販です。

総合通販サイトの中では『Amazon』『楽天市場』『モノタロウ』、釣り具専用通販サイトでは『ナチュラム』『タックルベリー』など様々な通販サイトで鮎竿を販売しています。

インターネット通販の利点は、価格の安さ、アクセサリを含む豊富な品揃え、そしてランキング、評価、商品レビュー〔口コミ)の存在です。特に商品レビューについては、実際に使用したユーザーからの具体的な使用感が得られるなど、カタログスペックだけではわかりにくい鮎竿の情報が得られるのは大きなメリットとなっています。

その一方で、欠点となるのは納期と修理です。

納期に関しては、通販サイトであるため注文から配送まで早い場合は1日ですが在庫がない場合は1週間以上、かかります。鮎竿がすぐに必要な場合においてはネックとなります。

下記はアマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天等の現在の売れ筋の鮎竿の人気ランキングです。

2020年 アマゾン ランキング 鮎竿 おすすめ

アマゾンのおすすめ鮎竿 です。一時間毎に更新されます。最新のランキングは画像をクリックすると表示されます。

2020年 アマゾン ランキング 鮎竿 おすすめ

2020年 アマゾン ランキング 鮎竿 おすすめ

2020年 おすすめ 楽天ショップ   鮎竿

楽天ショップのおすすめ 鮎竿 が知りたい方は下記リンクをクリックしてください。

おすすめ 楽天ショップ   鮎竿

おすすめ 楽天ショップ   鮎竿

2020年 Yahoo!ショッピング 鮎竿 ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋 鮎竿 ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

2020年 おすすめ ナチュラム 鮎竿

ナチュラムはアウトドア用品やフィッシング用品のインターネット販売事業を営んでいる。

ナチュラムの鮎竿  おすすめは下記のとおり。

おすすめ 鮎竿、アユ竿 メーカー

鮎竿のメーカーはDAIWA、SHIMANO、ガマカツ、SHIMOTSUKE等 が初心者用で使える竿を販売しています。

ダイワ おすすめ アユ竿

「ダイワ」は鮎竿に8種類のタイプを設定しており、鮎釣り初心者から中級者、そして上級者にぴったりの設定になった鮎竿を選ぶことが可能。

日本を代表する釣り具メーカーの1つであるダイワは、「感性領域設計システムESS」という独自技術を開発しており、さまざまな方向に曲がっても耐久性がある竿を実現しています。さらに表面加工に塗装ではなく、独自の「ゼロコーティング」を採用。極めて高い感度と軽量な鮎竿作りが特徴です。

初心者向け定番モデルとして評価の高い鮎竿がアバンサー 早瀬抜 85M。

又、初心者、中級者におすすめな商品が「プライムアユ 急瀬抜 90M・Y」です。
急瀬ならばどこでも対応可能です。

アバンサー 早瀬抜 85M・R

軽さ、感度、パワーを高いレベルで実現するSVFナノプラスカーボン、そして継ぎ部は曲がりに追従しパワーと粘りを格段に向上させるV-ジョイントを採用する事で、クラスを超越する操作性とパワー、感度、そして引き抜き性能を実現した価格破壊の革命児「アバンサー」。フィールドを問わず幅広く使えるオールラウンド先調子モデルの“早瀬抜”に、オモリを駆使した瀬釣りや25cmオーバーの良型を狙うのに最適なパワータイプ胴調子モデルの「急瀬抜」がラインナップ。

プライムアユ 急瀬抜 90M・Y

強度に優れ安心感が向上するHVFナノプラスを採用、クラスを超越する操作性とパワー、引き抜き性能を実現したハイコストパフォーマンスロッド。

動画 2020 鮎竿 ダイワ 新製品 試釣会

シマノ おすすめ アユ竿

「シマノ」の鮎竿には竿の玉口を守る「Gクロスプロテクター」などの技術により、竿そのものは軽量なのに強度が高い。

シマノは日本を代表する釣り具メーカーですから、安心感と信頼性は抜群です。また、シマノはパワーランクを明確に分けているので、鮎釣り初心者からベテランまでに合う、幅広い鮎竿が選択可能です。

シマノから2017年に全機種一新した「TOMOAYU」が登場、これがこれから鮎釣りを始めたい方におすすめしたい一本です。

リーズナブルな価格だからということです。鮎竿は10万円以上する竿が標準的と言われている中で、こちらなら3万円を切る価格で購入でき、しかも高性能です。

又、シマノの鮎竿で急瀬、荒瀬を攻めたい方に推薦するのはアドバンフォースNBシリーズの急瀬です。このシリーズの急瀬は3種類ありますが推薦するのは10m以下の竿です。

シマノ(SHIMANO) ロッド 友鮎 90NM

2017年全機種一新。一番人気のFW調子とH2.75ノンズームの相乗効果で軽さを表現しつつ、このクラスにありがちな先端部の頼りなさを払拭。

シマノ ロッド アドバンフォース 急瀬 90NW

シマノから発売されている「アドバンフォース 急瀬」は、その名に「急瀬」とつくように、瀬釣りを極める鮎釣りにおすすめの一本です。

夏場の流れの強い川でガンガン鮎釣りがしたい人は、ぜひ一本購入することをおすすめします。これだけのスペックですが価格もリーズナブルです。

がまかつ おすすめ アユ竿

「がまかつ」も日本を代表する釣り具メーカーの1つです。ダイワやシマノと比較をしても、がまかつにしかない竿の味付けがあり、どちらかと言うと竿の粘りで魚を取る竿づくりをしています。

穂先には、より水中の石や魚の様子を竿を通して手元に感度よく伝えるチタントップが導入されていたりと、こだわりのある竿づくりが特徴的。

がま鮎エクセルシオ ノブレス引抜急瀬9.0m

瀬の釣りで威力を発揮するがまかつの最高峰の鮎竿!

瀬での釣りに必要とされる要素を高い次元で具現化したモデル。野鮎の存在を感知できるほどの優れた感度と繊細な操作性を誇り、オトリのサイズやオモリの有無に関わらず軽快な釣技を展開できます。

鮎竿 固着防止

雨天の時に良く、竿が固着します。
固着してしまった場合は下記の方法をお試しください。

固着している部分のみを抜いて、両方の先端をタオル、ウエス等で保護します。
片方を柱や壁に直角に当てます。もう片方にカマボコ板状のものを当ててからハンマーなどで叩きます。
鮎竿 固着防止については下記の記事が参考になります。

カーボン鮎竿は年々、軽量化、高弾性化されておりますが、それだけに繊細な面もあり、取り扱いの不注意で、思わぬ破損を招くこともあります。
その際にDIYでの竿の修理方法について下記の記事に記載しています。

オトリ缶 アユ釣り

友釣りはエサを使わない釣りだが、その代わり生きたアユ(オトリアユ)を用意しなければならない。友釣りはオトリアユの活きの良さで釣果が決まるといってもよいから、購入したオトリを元気よく生かしておく容器が必要になる。その用具がオトリカンで、購入したオトリ
アユはこの中に保管する。

昔はその名の通りにブリ牛缶(カン)やステンレス缶が使われ、川に沈めて生かしておくための穴や隙間が開けられていた。現在はプラスチック製が大半で、開閉式の通水ブタが取り付けられ、運搬用や移動用にエアーポンプを装着可能な構造になっている。

数人で釣行するときはグループで1個あればよい用具だが、釣りを終えて川から上がり、アユをクーラーボックスに移したあとは、濡れたタイツやタビ、引き舟などを収納することもできるため、できればひとり1個用意しておくほうが便利だ。

運搬時や移動時は縦置き、川に浸しておく場合は横置きのほうが安定しやすい。内側はオトリアユが落ち着くブラック仕上げになっているものを選ぼう。

自作する方法もあります、下記はペットボトルをしたオトリ缶です。カッターで簡単に作成でします。

自作 オトリ缶

自作 オトリ缶

おすすめ オトリ缶 メーカー  ダイワ 友カン GX-1500

容量(L):約15.0
サイズ(cm):約20×40×26
カラー:ブラック/イエロー

シマノ 鮎オトリ缶 R OC-012K

ストレスフリーの発想から生まれた鮎のための形状と機能。
■サイズ/幅20×長さ52×高さ31.5cm
■重量/3.1kg
■容量/20.0L

通い筒 アユ釣り

ポイントを移動する時は仕掛けにセットしたオトリアユを持ち歩かなければならない。手で持つと低温ヤケド状態になり、どんなに注意しても川から引き上げた状態で持ち運ぶと弱ってしまう。そんなときに便利なグッズが「通い筒」だ。才トリアユを筒の中に入れて持ち歩けば弱らず、ハリが引っ掛かったり絡んだりすることもない。最初から買いそろえる必要はないが、持っていれば便利な用具である。

自作する方法もあります。

伝統的な「通い筒」は竹製だったりして、「重たい」「嵩張る」というのがデメリットがありますがPETボトルを利用して、「軽い」通い筒を簡単につくれます、PETボトルの底をカッターナイフで切り取り、PETボトルの首に紐を結わえてカラビナを付ければ出来上がりです。

自作 通い筒

自作 通い筒

参考サイト:南無ちゃんのホームページ

更に便利に私が考案した方法はペットボトルホルダーを活用する方法です。

手に通い筒を持って竿を担いで引き舟を引いて滑りやすい川を移動するのは危険です。

下の図のようにベルトに固定したペットボトルホルダーにオトリを入れておけば安全です。

自作 ペットボトル 通い筒

自作 ペットボトル 通い筒

おすすめ ペットボトル ホルダー シマノ

●サイズ:7.5×7.5×17cm
●ペットボトルの出し入れが容易
●断熱性を考慮したフォームと内部アルミシートを採用
●川への立ち込み時も安心な脱落防止カバー付

おすすめ SHIMOTSUKE(シモツケ) 下野八角通い筒(竹製)

引き舟 アユ釣り

時間のロスを防いでくれる引き舟

友釣りはアユの縄張りを求めてポイントを探し歩く釣りだ。オトリカンを置いた場所からかなり離れてしまうことも多い。そんなとき、アユがヒットする度にオトリカンがある場所まで戻るのは時間の無駄。滑りやすい川を歩くのは体力の消耗にもつながる。

そこで、釣り上げたアユは小さな舟の形をした容器に入れてビモで腰ベルトにつなぎ、これを引っ張りながら釣るスタイルが普及した。この容器を「引き舟」または「友舟」と呼ぶ。舟の形をしているのは川水の抵抗を和らげるためにほかならない。真四角な箱状だと流れの抵抗が大きく、引つ張られた時よろけたりして竿が安定しない。才トリアユの泳ぎも安定しないから釣果のほうも落ちてしまう。

引き舟 木製

引き舟 木製

浅瀬や岸寄りでは引き舟は外す

引き舟をつなぐビモにもさまざまなアイディアが盛り込まれており、流れに引っ張られるショックを吸収するクッションタイプ、ハリが刺さりにくいようなコ上アイングを施したタイプもある。オトリアユを交換したいときは引き舟を持ち上げてアユを玉網に移すが、この際の
水抜けもスムーズ。まさに至れり尽くせりである。

容量はメーカーによっても異なるが、一般に4.2~7.5リットルまであり、大容量ならアユをたくさん入れても弱らず、入門者であればオトリカンが必要ないくらいの余裕がある。ただし、大きいぶんだけ釣り人への負担が大きくなるので、6リットル前後がおすすめだ。

水深の浅い浅瀬やチャラ瀬を岸寄りから竿を出して釣るときなどは、引き舟が石にぶつかる音でアユを驚かすケースがあるので注意が必要。ヒモを外し、岩などに結んでおくほうがよい。流れの速い場所に立ち込む場合も、引き舟に引っ張られて動きにくくなるため外すほうがよい。

おすすめ ダイワ  友舟 GX-560W レモンイエロー

私も使用しています、黄色は目立ちやすいです。

シマノ アドバンスパワー HI-042P (引舟)

●流れ、川相を選ばない引舟のオールラウンダー。

玉網 タモ アユ釣り

アユの取り込みやオトリアユの交換に欠かせないのが玉網である。玉網は「受玉」とも「アユダモ」とも呼ばれ、天然木の握りや枠に網を取り付けた工芸品の趣をもつハンドメイド製品もあるが、ハイマグネシウムの金属枠を使った軽量タイプが扱いやすいだろう。枠は直径が
30㎝から40㎝まで。引き抜きをするなら39㎝、引き抜きをしないなら36㎝というのが一般的だ。入門者の場合は39cmのほうが取り込みやすく、オトリの交換もスムーズに行えると思う。

網はハリが引っ掛からないように網目が細かく、ナイロンモノフゴフメントが使われる。枠に取り付ける仕付け糸がなく、川石などに網の底が擦れないフラット形状の網を使用したタイプがおすすめ。網の底が袋状になっている袋ダモ(京ダモ)は、水を溜めることができる
ため、通い筒を使わずにオトリアユを生かしたまま持ち歩くことができる。

腰まで立ち込むときは袋に水が入って流されたり、流れを受けてバランスを崩す恐れがあるがせいぜいヒザ上くらいの場所から竿を出すならまったく問題はなく、入門者にはむしろこちらのタイプが使いやすいかもしれない。グリップには流失防止用の尻手ロープを取り付けておくこと。

おすすめ 玉網 ダイワ 鮎ダモ SF-3915

スピードフォルム(SF)が更に進化した速攻タイプ。手返し倍速! 更にスピードアップ! スピードフォルム形状(SF)を更に絞り込み。掛かり鮎がよりつかみ易く、オトリをスピーディーにポイントへ送り込める。オトリ交換が速いから元気なまま次の勝負ができる。

シマノ 鮎ダモ 鮎タモBASIS 39 TM-322Q

網目平均1.5mm目で、糸の交点に結び目がなく、表面が滑らかなので鮎へのダメージを軽減。耐久性の高いポリエステルラインを採用した機械編みアミ。

タイツ アユ釣り

頭にはツバ付きの帽子、上には短いフィッシングベスト、下にはカラフルな専用のタイツというのが現代のアユ釣りスタイルだ。タイツはネオプレーンゴム製で、体にぴったりフィットするものがよい。夏とはいえ川水は冷たく、何時間も入っていると体が冷え切ってしまう。

シーズン初期や終期は厚さが3.5㎜タイプを着用するほうがよいが、友釣りのトップシーズンとなる7月から9月中旬ころまでは薄手の1㎜、2㎜のほうが動きやすく快適だ。最初に購入するならシーズン盛期用の2.5㎜がおすすめである。

最近は防水加工されたドライタイツを着用する釣り人が多い。これは防水ソックスと一体化しているため、川水が入らない。

おすすめ 阪神素地(ハンシンキジ) FIELDX-TREAMER 鮎タイツ

私のお気に入りです、価格、品質ともGOOD。

おすすめ 阪神素地(ハンシンキジ) FX652 ドライタイツ

・前ファスナーで着脱ラクラク。 しかも水の浸入しない防水仕様 ・シンプルなデザインで履きやすい

鮎タビ 鮎ブーツ アユ釣り

タビは指先が2つに分かれる先割れタイプ、分かれていない先丸タイプ、内部が分かれている先丸中割れタイプがある。グリップの良さは先割れタイプがおすすめだが、長時間履くと足先が痛くなるため、先丸タイプが無難だろう。

又、鮎ブーツの底はフェルトでつくられているのが一般的だが使用頻度によってはワンシーズンで摩耗して滑り止め効果が効かなくなりのでフェルトの交換をしなければなりません。メーカーによってはフェルトの交換が簡単に修理できるタイプも販売されている。

最後に私のおすすめは鮎ブーツにスパイクが埋め込んでいる鮎ブーツです。アユ釣りで一番、危険なのは移動時に底石のコケで滑って、転倒することです。その点、スパイクなら滑ることなく、安心して鮎釣りを楽しむことができます。

シマノ 鮎タビ 3DカットピンフェルトAYUタビ (中割)

●水圧や石等の衝撃から爪先をガードする強化ゴム内蔵のトウガード
●脱ぎ履きしやすいセンターファスナー
●しっかりフィットのベルクロ甲ベルト

フィッシングベスト 鮎ベスト

アユ用のベストはショートタイプで、ハサミやラインカッター、根掛かり外し、小物入れや仕掛けケースなどを収納するポケットが機能的に配置されている。撥水性能の優れたものを着用したい。

友釣りの仕掛けは、天上糸、水中糸、ツケ糸、鼻カン周り、ハリ、ハリスと複数のパーツで成
り立っており、仕掛け小物が非常に多い。ハリと名の付くものだけでも掛けバリ、逆バリ、背
バリと3つもある。それぞれのパーツを収納するケース、オモリやラインカッター(はさみ)

ポイントをあちこち移動する友釣りはこれらを常に身に付けておく必要がある。
それにはポケットの多いフィッシングべストが便利である。
友釣りには友釣り専用のが用意されフィッシングべストているので、素直に専用ベスト
を使うことをお勧めする。

おすすめ バリバス ドライアーマーライト 鮎ベスト

●撥水・透湿性に優れた3層ナイロン素材「ドライアーマーライト®」を採用。
●3層構造ならではの張りのある生地は、型崩れを抑制し快適な着心地をキープします。

アンダーシャツ アユ釣り

フィッシングベストの下は吸湿、吸汗、速乾素材の長袖シャツを着る。半袖シャツは日焼けで肌を傷める。下着やアンダータイツ白吸汗、速乾、通気性に優れた冷感タイプを着用すると快適に釣りを楽しめる。着替えの下着やシャツも忘れないこと。

おすすめ がまかつ  アンダーシャツ 2WAYストレッチ

●筋肉の動きに連動!オールマイティーなサポートインナー
●特殊裁断パターン(特許取得・スパイラルカット)により筋肉の動きにウェアが連動し、あらゆる姿勢でも身体の動きを妨げず最高のパフォーマンスを発揮することができます。

鮎釣り 服装

鮎釣り 服装

参考文献:

1.アユ釣りがわかる本

2.明解 友釣り読本 高塚 靖弘

3.アユ釣り 超思考法 小沢 聡

4.アユ読本   伊藤 稔

5.友釣りABC 福田 眞也

6.鮎釣り 烈士伝 鈴木 康友

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする