鮎釣り 米代川 大滝温泉 2019年8月25日(日)

スポンサーリンク
米代川 大滝温泉 鮎釣り

釣りバカ日誌  米代川 大滝温泉 曲田橋

17年前、2002年に一度、宿泊した大滝温泉に向かう。

途中、早口および扇田の状況を確認。

早朝なので釣り人はなし、川の水位は少し高いが釣りは可能な状態。

米代川 外川原橋 鮎釣り

米代川 外川原橋 鮎釣り

米代川 扇田橋 鮎釣り

米代川 扇田橋 鮎釣り

午前9時に大滝温泉に到着、オトリ鮎と釣券はリトル大滝温泉にて購入、安い。

囮鮎1匹600円、入漁権1,000円(漁協共通)

川にはすでに釣り人が立ちこんで竿を並べている、秋田県外の車もちらほら、まずは曲田橋の下流でオトリを送り込む、約20分後にガツーンとあたり。

引き寄せてみると27㎝もある丸まる太った鮎、口に刺さっていたので問題なく引き寄せられたが背掛かりだったらメタル0.1号にラインでは切れてしまったかも。

その後、ポツリ、ポツリであるが大鮎が5匹ヒット、すべて約25cm前後の良型、釣り上げた場所が浅い瀬落ちだったので無事に引き寄せられた。

午後は2時から再開したが当たりが遠のき、疲労感がズシーと感じるようになり、ラストチャンスとして誰も入っていない瀬肩に移動。

オトリをいれて直ぐに当たり、しかし プチという音を感じ、オトリもろとも野鮎がラインを切って親子丼。

その後は入れ掛かり状態、夕方の一時間で良型 約10匹をゲットし、無事 納竿。

米代川 大滝温泉 鮎釣り

米代川 大滝温泉 鮎釣り

釣れたアユはすべて23㎝以上の良型、平均サイズ 25㎝、普通の仕掛けでは糸切れの連発です。竿が壊れそうな引き抜きができない異次元の鮎釣りの世界です。極太仕掛けが必須。

米代川 アユ釣りのポイント

秋田県3大河川の1つ、米代川は、東北全域でも5指に入る延長136kmの大河だ。県北を束西に流れ、南側から小猿部川や一大支流の阿仁川、北側からは小坂川、下内川、岩瀬川、早囗川、藤琴川などを合わせた後、日本海へ注いでいる。

詳しい米代川 鮎釣り ポイントは下記の記事を参考してください。

関連記事:米代川 鮎釣り ガイド

米代川 鮎釣り Map

米代川 鮎釣りのポイントは下記の地図を参照してください。

*鮎マークをクリックするとポイントの概要説明が表示されます。

空撮動画 米代川 外川原橋 アユ釣り

ドローンでの 米代川ベストポイント 外川原橋のアユ釣り 空撮動画。(8月25日 撮影)

空撮動画 米代川 扇田橋 アユ釣り

ドローンでの 米代川ベストポイント 扇田橋のアユ釣り空撮動画。(8月25日 撮影)

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

見える逆さバリ アユ釣り

年と共に逆さバリにハリが結べない、原因は老眼。逆さバリの穴が見えない。

50歳迄はくっきり見えていた穴が見えない、よってハリを取り付けるのに時間がかかり、苛立つ。

そこで自他と共にお勧めなのがダイワから販売している快適フックサカサ。

見やすいハリス止めマーキングがあり、穴径も大きく、独自の形状によりフックタイプでありながらタモに刺さり込んだり、糸を拾いにくいので快適に使用できる。

関連記事:オモリ 根掛かり 外し方  鮎釣り


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする