鮎釣り 米代川 大滝温泉 2019年9月2日(月)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  米代川 大滝温泉 大滝橋

早朝3時に起床、夜間割引を利用する為に午前3:50分に泉IC入り、大滝温泉に向かう。

途中、阿仁町の小又大橋から阿仁川の状況を川見。

多く20cm前後の鮎が橋下の岩盤で盛んにコケを食んでいる、上流に流れ込んいる小又川も水量も安定して流れている。

下流の八幡橋付近の河原では前日からキャンプしている方が既に釣りを開始している、阿仁川は帰りに釣る予定なので今日の釣り場の大滝温泉に向かう。

阿仁川 鮎釣り キャンプ

阿仁川 鮎釣り キャンプ

午前10:00到着し、オトリ鮎を購入し、いざ 釣り場に向かう、場所は大滝橋。

釣り開始、一時間で27㎝の大鮎をゲットするがあまりにも大きすぎオトリにできず、弱った養殖オトリを泳がすが釣果が伸びず、夕方の納竿タイムとなる。

今日のキャンプ先は扇田橋の扇田地区米代川河川緑地、かなりの県外の釣り師がの野宿している。

扇田地区米代川河川緑地

扇田地区米代川河川緑地

 扇田地区米代川河川緑地 Google Map

米代川 アユ釣りのポイント

秋田県3大河川の1つ、米代川は、東北全域でも5指に入る延長136kmの大河だ。県北を束西に流れ、南側から小猿部川や一大支流の阿仁川、北側からは小坂川、下内川、岩瀬川、早囗川、藤琴川などを合わせた後、日本海へ注いでいる。

詳しい米代川 鮎釣り ポイントは下記の記事を参考してください。

関連記事:米代川 鮎釣り ガイド

米代川 鮎釣り Map

米代川 鮎釣りのポイントは下記の地図を参照してください。

*鮎マークをクリックするとポイントの概要説明が表示されます。

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

鮎ブーツ、鮎タビ アユ釣り

鮎ブーツの底に穴が開いてそこから、砂利が入ってくるようになり、修理として接着材を塗布していたがやはり、又 壊れて砂利が入る。

アマゾンで格安の渓流用シューズが販売していたので試しに購入。

しかし、失敗作、すぐに砂利が入り釣りどころではない、歩くたびに足裏が痛む。

やはり、多少、高くても、鮎釣りで重要なフットワークが確保されるようにいつものシマノブランドで鮎ブーツを購入、砂利も入らず、滑らず、耐久性もあり。

カットピンフエルトタビ(中割)[TA-073Q]ブラック L シマノ 鮎釣り

関連記事:鮎タビ 鮎ブーツ アユ釣り


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする