鮎釣り 米代川 大滝温泉 家の下 2019年9月3日(火)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  米代川 大滝温泉 家の下

大滝橋、曲田橋付近の釣り場は簡単に車が止められるので釣り師が多く、アユもスレ気味なので今日は大滝橋の上流の家の下に移動、瀬あり岩盤ありと釣れそうな雰囲気である。

朝8時に現場到着、ここは車は10台以上駐車できるし、川までは約5mと便利な場所なので地元の方の穴場的な場所、釣りMapには掲載されておらず。しかし、数人が既に川に入いたがあまり竿が曲がっていなかったが昼までに良型の約25cmサイズの鮎を数匹、キープ、瀬で掛るとなかなか取り込めずメタル0.2号でも苦戦する。

ここのポイントは下記の写真のように駐車場前の瀬のポイント、少し上流の岩盤エリア、そしてかなり上流の長興寺エリア。

午後はポイントを移動、上流の岩盤エリアに入ろうとしたが地元の方が数名、入っていたので夕方に変更し、徒歩で30分上流の長興寺エリアを目指す。

気温34度オーバーの中を上流を目指して流れを逆行して渡渉するのは疲れるが人は皆無、一発で野鮎が掛かかる、やはり『人の行く裏に道あり花の山』である。

誰もが入渓しやすいエリアでは腕の良い釣り師なら別だが一般の釣り師では釣れない、既に釣り上げられている。

よって、普通の釣り師は普通の釣り師がしない事にトライしない限り、釣れない。爆釣は望めない、よって体力がある人は徒歩で行動範囲を2倍、3倍にする、体力がない釣り師は車でポイントを求めて駆け巡り、橋から状況を確認する。

夕方、近く 下流の駐車場に戻る途中、岩盤エリアには人はなく、夕方の爆釣タイムとなる。そっと、オトリを岩盤の流芯に入れると間髪で野鮎がヒット、そこからは入れ掛かりである、日中の中々釣れない事が嘘のようにオトリを入れれば即、ヒットする。

あたりは秋風が漂い夕暮れ時を迎え、今日はここで納竿、近くの『湯夢湯夢の湯』にゆっくり今日の反省をしながら湯に浸かる。

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

 回転リリアン   アユ釣り

竿先に糸が絡まり、直すのに手間取る。

最近では糸がらみのトラブルが少ない、回転トップが主流になっており、下記の商品をアマゾンで手配。

OWNER(オーナー) アユ釣り用品 回転リリアン 小小 81108

しかし、更に性能が向上した回転リリアンが発売されていたのでことらを購入。

OWNER(オーナー) アユ釣り用品 W回転リリアン 小小 81013

回転リリアンが内容リニューアル、より軽量に、より高回転へ。天糸、水中糸のヨレを防ぎます。

関連記事:アユ釣り 仕掛け&作り方【図解】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする