鮎釣り 鳴瀬川  アユの里、小野田橋 2020年7月3日(金)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  鳴瀬川  アユの里

1年ぶり、いや10か月ぶりの鮎釣りのスタート。

今年の東北の各地のアユは遡上は好調で解禁日は束釣りをしている川もあり、詳細は下記の記事を参照してください。

関連記事:2020年 東北 鮎釣り状況   Part1

山形県側は7月2日に降った雨で2、3日は釣りにならないとの情報なので地元の鳴瀬川に向かう。

恒例の加美町の門脇釣具店でオトリ(500円)アユと年券(6000円)を購入、解禁日は下流域で40匹位釣り上げた方もいたらしいが上流域は群れアユが仲良く泳いでおり、友釣りには芳しくない状況とのこと。

原因は太平洋側の川の例年の事あるが渇水、水不足、苔腐れ。これでは如何に放流量を多くしても天然アユが遡上してもアユは縄張りを持たず、追わず、友釣りのゲームが成立しない。

7月2日は鳴瀬川も雨で汚れて釣りはできなかったことであるがとりあえず、近くのアユの里公園に行く。

門脇釣具店 Google マップ  ストリートビュー

鳴瀬川 鮎の里 鮎釣り

5分でアユの里に到着、川の様子を見る。

水量は少し、多いがそんなに汚れてなく釣りは可能なので釣りの支度を行う。

ここでは4名が既に釣りをしていた。

しかし、釣れたのはウグイ一匹のみ(苦笑)

おまけにゴミが良く引っ掛かるので即時、退散。

あとで空撮動画で確認したら1km 下流の保野川 合流点で7,8名の釣り師がいた。

瀬あり、石ありのポイントなので次回が楽しみ、ここではアユのハミ跡の確認はできた。

空撮動画 鳴瀬川 鮎の里

鳴瀬川 小野田橋 鮎釣り

次のポイントは小野田橋 釣り人は3名と少なし。

去年の台風19号の影響か、川の状況が変わっている、以前あった荒瀬がなくなり平瀬になっている。

以前はここで多くの人がドブ釣りをしていたがその姿も見られず。

小野田橋下では河川工事を行っており、アユも怯えて遡上できないか?

空撮動画 鳴瀬川 小野田橋 鮎釣り

鳴瀬川 旭橋 鮎釣り

ここは堰堤があり鳴瀬川のアユ釣りの一番のポイントである、常に10台以上の車が駐車しており、今日も15位の車があった。

しかし、左岸の高い場所から川見してもアユの姿がみられず、おまけにハミ跡もなし。

一時間、様子を見ていたが10人以上釣り師がいても竿が立たず。

 Google Map   航空写真 鳴瀬川 旭橋

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

考える 釣り師

釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。

~アーネストヘミングウェイ~小説家

どんなアングラーでも釣れない時もある。そして、その時の行動でその後の釣果が決まる。

のんびり釣れる迄、ボケーと釣り糸を垂れているか。

何故、釣れないか原因を考えて次回に活かすか

関連記事:鮎友釣りの基本【図解】

つり人 2020年アユ釣り解禁情報

日本全国の2020年アユ釣りは下記の雑誌『つり人』のサイトに記載されています。

関連記事:2020年アユ釣り解禁情報

つり人 2020年アユ釣り解禁情報

おすすめ BOOK

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする