鮎釣り 米代川 大滝橋  2020年8月19日(水)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  米代川  大滝温泉

前日は扇田橋近くの扇田地区米代川河川緑地にて車中泊。

去年は数台の車が車中泊していたが今年は2台のみ、公園内での火気使用禁止、宿泊禁止の看板が掲示されていた、但し車道のスペースではOKとの事。

朝8時ごろ、監視員が巡回にきていたので一日券を購入し、釣果の状況を聞いてみる。

ここもやはり長雨の影響で釣果が良くないとの事、やっと先週から雨が止み、日差しが射してきたので少しは状況が回復するのではないかと回答。

扇田地区米代川河川緑地  Google マップ  ストリートビュー

公園内で今日の仕掛け等の準備をしていざ出陣、今日のポイントは大滝橋付近。

午後9時頃 大滝橋に到着、既に3名が竿を出している、橋の下の駐車場はまだ2台は駐車可能、橋の上から川底を見てみると鮎はひらりひらりと泳いでする、サイズは小さいが結構な鮎がいる。

しかし、今年の鮎の動きは例年に比較して鈍い、元気のない泳ぎ。

しばらく10分ほど、様子を見ていると大滝橋100m下流の大石が三つ沈んだ箇所で竿を出している釣り師がヒット、九頭竜返しで取り込んでいた。

やはり「鮎を釣るなら石を釣れ」である。

ここでの午前中の釣果は2匹そして親子どんぶりが2回と言う悲惨な結果に終わる。

午後は釣れるポイントを求めてドライブ、川沿いに車を走らせていると1台の地元『秋田』ナンバーの車が杉林がある車道脇にひっそりと駐車しており、中を覗くと鮎道具が置かれていたので私も車を止めてポイント調査ために草むらを分け入る。

5分くらいで川岸に到着、ここは地元の人しか知らない別天地、岩盤帯である、既に帰り支度をしていたアユ釣り師に釣果を聞くと4時間程度で20匹とまずますの釣果。

時刻も3時頃となり、鮎釣りの爆釣タイムになり、これはいけると思い、即時、鮎釣りの準備をし、オトリ鮎を入れる。

入れれば一発で掛かると期待していたが1分、2分、3分経過しても当たりがなく、その後好ポイントに入れても当たりなし。

時間だけが定刻の午後5時に近づいてくる。

そしてTime Over となる。

米代川 大滝橋  Google マップ  ストリートビュー

空撮動画 米代川 大滝橋

米代川 大滝橋の空撮動画。

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

天の時、地の利、人の和

天の時は地の利に如かず。
地の利は人の和に如かず。

戦略が成功する3条件と言われているもので、中国戦国時代の儒学者である孟子(もうし)の言葉。

意味: 好機があっても地の利がなければうまくいかない。地の利があっても人の和がなければうまくいかない。

釣りになぞらえれば如何にベストな時期、潮時でも場所、ポイントの選択をミスすれば釣れない。

如何に良いポイントでも釣り人の腕、技量がなければ釣れない事か・・・

全てが人が関連する。

鮎竿 購入 レポート

20年以上に購入した鮎竿『ダイワ 銀影』も相当に古くなり、新規購入の必要があり、人生最後のアユ竿の購入の為にネット等 市場調査を行う。

結果、 瀬釣りが好きな私にとって価格的にも品質、信頼性的にも良いアユ竿として『 シマノナイアードNF 急瀬 90NF』を楽天で購入。
重量 軽く、感度も良し 予想した以上の竿でした。

つり人 2020年アユ釣り解禁情報

日本全国の2020年アユ釣りは下記の雑誌『つり人』のサイトに記載されています。

関連記事:2020年アユ釣り解禁情報

つり人 2020年アユ釣り解禁情報

おすすめ BOOK

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする