サクラマス釣り 旧北上川 2018年3月29日(木)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  サクラマス釣り 旧北上川

今日は旧北上川でもサクラマスが釣れたと言う情報を元に旧北上川に向かう。天気は曇り、気温約20℃。

午後1時に仙台を出発し、三陸自動車道(無料区間)の桃生・津山ICで降りて3分もかからずに現地の脇谷洗堰に午後2時半頃に到着、脇谷洗堰はこんなところ↓

メインの船着き場ポイントには5名のアングラーがぎっしり、入っており、入るスペースなし。

仕方がないので下流のポイントに入ろうと思い、下に降りると何やら慌ただしい様子。

サクラマス ゲットです!! 今年、初めてお目にかかる他人のサクラマス。

60cm位の方の良いサクラマスでした、羨ましい!!

俄然、戦闘モードに入り、下流の空いているスペースに入り、キャストを開始。

ほどなくして隣のアングラーが『サクラマスが追ってきた!惜しい!』と叫んだので『ここにはサクラマスは居る!』と確信し、キャストを繰り返す。

しかし、無常にも時は流れ、夕暮れが近づく。

午後6:00となり他の釣り人は帰り、船着き場は私だけになったが夕闇が近づき、お帰りの時間となる、残り15分 キャストを繰り返すが今日もノーバイト、ノーヒット。

サクラマス釣り ヒット確率の悪い釣りである(苦笑)

脇谷洗堰 サクラマス

脇谷洗堰の他人が釣ったサクラマス

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

桜鱒の釣れる確率

川サクラマス ヒット確率

ヒット確率6.3% (0.063匹)

1シーズン中、延べ100回釣りして6匹です、16回の釣行で一匹のサクラマスがヒットする確率。

参考サイト:サクラマスのブログ

スポンサーリンク

ヒット確率の定義:釣れたサクラマス数÷釣行回数×100(%)

ちなみに一回当たりの釣行を4時間として時間給800円で計算すると3200円となり、ここの移動費をいれると概算で一回当たりの釣行費用は4200円となる。

よって川でのサクラマス釣りの場合、一匹のサクラマスを釣り上げるのに67、200円の費用が必要で、3kg前後のサクラマスの価格が約2万円であるから-47、200円の赤字となり、非効率な釣りである(笑)

海サクラマス ヒット確率

海サクラマスのメッカである北海道での海サクラマス ヒット確率は53%

2回の釣行で1匹の確率。

参考サイト:たまに道南釣行記

海サクラマス釣りの生産性は釣行2回で1匹のサクラマスが釣れるので

釣行費用:4200円×釣行回数:2回=8400円であり

+11、600円の黒字になる

船 サクラマス釣り 真鱒ジギング 

船での真鱒ジギングを開発した広進丸でのヒット確率は船代が一人当たり8000円であるが100%以上の釣れる確率(但し、バラツキもありますが)

参考サイト:広進丸の出船予定表&釣果情報

真鱒ジギングの場合は一回の釣行で一匹釣れたと仮定して計算すると

一回の釣行費用:4200円+船代:8000円=12200円となり

+7,800円の黒字になる、二匹釣れたら+27,800円の超黒字。

まとめ:

エサを盛んに追っている獰猛なフィッシュイターである海サクラマスのヒット確率はやはり高い。

逆にエサをとらない川でのサクラマス釣りは効率が非常に悪い、お金&時間がかかる。しかし、ヒットした時の喜びは他の釣りと比較できない。

船での真鱒ジギングは当たれば爆釣するが船代が・・・・

“STUDY TO BE QUIET”

決めるのは私でなく、貴方です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする