鮎釣り 気仙川 2018年7月18日(水)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  鮎釣り 気仙川

2018年 初の気仙川 鮎釣り。

川は渇水であり、ハミ跡もあまり確認状況でのスタート。

始めに上流の田ノ上橋から午前7時半より開始。

例年なら3,4名はすでにいる釣り人も今日はゼロ、貸切状態。

しかし、小一時間、粘るがあたりなし、場所を下流に移動。

田ノ上橋から下の川面を観察すると鮎が10匹ほど、石を食んでいたがなわばり意識はなく

仲良く、石を食んでいた。

気仙川 鮎釣り 田ノ上橋

気仙川 鮎釣り 田ノ上橋

次に下流の中流部・舞出橋に移動、3名の釣り人が釣りをしていたが暫く、観察しても釣れてない様子なので更に下流の金成橋の下流に移動。

気仙川

気仙川

しかし、下流部に移動しても当たりなし。今日は釣れないと判断し、仙台に早め戻り計画に変更し、気仙沼 海の市 シャークミュージアムに立ち寄り、新鮮なホヤを購入。

気仙沼 海の市

気仙沼 海の市

今日の教訓、名言、格言~釣りの哲学~

釣れない時 思う事

毎回、いつも楽して爆釣できれば嬉しいだろうか? 否 すぐに飽きるだろう。

全力で頭を絞り、足を使い、手を使った時に釣れた魚はたとえ、小さくて雑魚でも嬉しい!!

結果も重要だが過程がそれ以上、大切だ。

人は金持ちも貧乏人も『死』という結果が待ち構えている。

しかし、『死』直前の瞬間まで旅を楽しまなきゃ・・・

It’s all about the journey, not the outcome.

- Carl Lewis (カール・ルイス)

すべては過程だ。結果ではない。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする