マゴチ・ヒラメ釣り 仙台サーフ 2021年9月06日(金)

スポンサーリンク

釣りバカ日誌  名取川河口  マゴチ・ヒラメ釣り

マゴチが仙南サーフ、仙台サーフで釣れているとのネット情報があり、久しぶりに海に行く。

場所はアングラーが少ないポイント、名取川河口 左側。

閖上にある名取川河口 右側は平日でもアングラーが10m間隔で並んでおり、好ポイントに入るのが難しいが名取川河口 左側はガラガラ、ポイントはひとり占めできます。

名取川河口 Google マップ  ストリートビュー


関連記事:名取川 河口エリア シーバス釣り ポイント

名取川河口 左側  井土浜  マゴチ・ヒラメ釣り

午後3時より荒浜の巨大防潮堤沿いに自転車を漕いで10分位で名取川河口 左側に到着。

今日は北東の風が強く、波も高し。

はじめ、テトラポットが投入されているサーフにメタルジグで投げて釣りを開始。

しかし、波が荒い為に思ったポイントに届かず、当たりなし。

名取川河口 左側  井土浜  コチ・ヒラメ釣り

名取川河口 巨大防潮堤

名取川河口 左側   マゴチ・ヒラメ釣り

次に名取川河口に移動、対岸には10名位のアングラーがキャスティングをしていた。

しばらくすると小雨が降り出してきたのでレインコートを取り出して着用する。

ルアーはメタルジグからワーム(ホワイト)に変更し、キャロライナ リグ 仕掛けにする。

小雨が止みだし、夕方の太陽が斜めに射しこんで空が明るくなり名取川に架かる虹が出現してきた!!

海にドーム型の巨大が徐々に鮮明に姿を現してきた、最高のビュー。

虹は15分間位 出ていたがやがて夕方になり暗くなるとともに姿を消していった。

夕方、午後5時半 辺りが暗くなり始めた時、ロッドに生命反応があり、リールを巻く。

待望のヒラメ(ソゲ) サイズは35㎝であったが嬉しい一匹だった。

その後、数回 キャストし、終了し、ライトを付けて巨大防潮堤を荒浜に向けて帰る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする