2022年 東北 鮎釣り状況 前半【最新】

スポンサーリンク

2022年 東北 鮎釣り状況 前半【最新】

いよいよ、みちのく東北のアユ釣りが解禁。

但し一部の鮎釣り解禁は7/3の盛川、大槌川、胆沢川、甲子川、中津川。

7/5の解禁は稗貫川、続いて7/9の西和賀川。

7/10になると雫石川など殆どの川が解禁になり、残るのは8/1の安家川だけになる。

しかし、今年の解禁は日本海側の山形県、秋田河川が赤濁り大増水で釣りにならず、釣り人の多くが岩手河川を目指したため大変な混雑となっている模様。

逆に太平洋側は水量不足、気仙川も水量は少なめ。「群れは見えるが、追いが悪い」との声も

その中で閉伊川は好調との情報。

釣りは統計学である』  モン

*今年の東北 鮎釣り状況 後半は下記の記事に記載しました。

関連記事:2022年 東北 鮎釣り状況 後半

2022年 宮城県 鮎釣り状況

2022年 広瀬川 鮎釣り状況

広瀬川は例年の如く、水量不足、よってコケの生育も悪し。

アユ釣り解禁、久々の感触楽しむ 仙台・広瀬川

宮城県内を流れる多くの河川で1日、アユ釣りが解禁された。仙台市中心部を流れる広瀬川では、解禁を待ちわびた釣り人が当たりの感触を楽しんだ。

天然物が狙える若林区の広瀬橋付近では早朝から多くの釣り人が繰り出した。

参考サイト:河北新報

2022年 秋田県  鮎釣り状況

阿仁川鮎釣り情報~阿仁川鮎釣り解禁

秋田県は鮎釣り解禁日はどこも増水、釣りにならず、コケが成長して縄張りが形成される7月中旬に期待。

早朝からの雨がまたしても濁流化、平水+1メートルほど。解禁は竿も出されぬまま、川霧にかすむ濁流を眺めるだけ。
週末はお天気が回復しそうな予報ですが、川の回復には時間がかかりそうです。2022年阿仁川鮎釣りシーズン、とんだ開幕となりましたね。
先が思いやられます⁉

引用:阿仁川鮎釣り情報

米代川 つりけん赤坂の「2022年」鮎釣り情報

米代川、粕毛川、藤琴川での2022年アユ釣り状況。

鮎の解禁日を明後日に迎えていますが川の状態は本流・支流共に濁って水量が多いです。とても解禁日には釣りにならないでしょう。水位が下がり濁りが無くなるにはしばらくかかりそうです。

参考サイト:つりけん赤坂

米代川鮎情報

米代川(比内町漁協エリア)の川情報やシーズン中の釣果をUPしているブログ

2022.7.3 米代川鮎情報

葛原、十二所、大滝温泉、曲田、扇田頭首工と回りましたが濁りと水位が高く川底の石は見えません。
あと30cm下がらないと!
1日 5cm下がって6日掛かります。早くて8日(金曜日)かなぁ〜!

参考サイト:米代川鮎情報

2022年 青森県 鮎釣り状況

東奥日報~赤石川 鮎釣り

本日7月1日から、県内の鮎釣りが解禁になりました!

県内屈指のアユ釣りスポットである赤石川では、解禁日から
例年多くの釣り客でにぎわうのですが…

参考サイト:「あじ行く?」BLOG 

2022年 山形県 鮎釣り状況

小国川漁業組合 2022年 アユ釣り情報

アユ解禁日 当日の様子

10時現在、6月27日の大洪水影響で(30日もゲリラ豪雨で濁った)
川の状況が良くなく、釣り人は陸にいますが川に入っている方は皆無の状況です。
漁協付近で水温18℃と低く、濁りはありませんが水量は多い感じとなっています。

気温は今日27℃、明日29℃、3日~5日30℃と、その後も夏日予想で、
梅雨も明け。夏らしい季節になるようです。

水位も目に見え下がっており、すぐに水垢も付くと思われるので釣果に期待してください。

参考記事:小国川漁業協同組合

2022年 鮭川、真室川、金山川 鮎釣り状況

最上漁業協同組合ブログを見ると解禁日7月1日(月)は鮭川、真室川、金山川は増水で釣りができない状況との事。

令和4年度アユ解禁情報

今年も7月1日にアユ釣りが解禁になりました。

放流も前年同様、1200㎏を6月の7日から4日間で終了しています。稚アユの成長が遅く昨年よりも1週間ほど遅くなりました。天然遡上も1ヶ月程遅く、平年より少ないようです。

解禁日は、数日前に降った雨により増水が治まらず、鮭川本流や塩根川では釣りにならず、金山川での釣りになりました。釣果についてはあまり思わしくなく、最高で6尾、最低0尾(漁協調べ)となりました。

引用:最上漁業協同組合ブログ

2022年 岩手県 鮎釣り状況

2022年 気仙川 鮎釣り状況

今年も水量不足、今後の雨に期待したいところ。

アユ漁解禁しました! 今年の解禁は沢山の遊漁者でにぎわっています。

水量は少なめ。「群れは見えるが、追いが悪い」との声も。

午前中の釣果、サイズ20㎝前後、20尾と報告あり。

参考サイト:気仙川漁業協同組合オフィシャルサイト

動画  アユ釣り解禁  2022年 気仙川

2022年 閉伊川 鮎釣り状況

日本海側 山形県、秋田県、青森県側の河川は大雨で増水し釣りにならない為に解禁日を迎え岩手県側の河川は賑わっております。

午前中(5時~12時)の釣果報告を聞くと、
あまり釣れなかった方で 1~5尾、
なかなか良く釣れた方で 20~30尾位だったようです。
中でも特に釣れた方ですと40~50尾位という方も。

鮎のサイズは平均15~19cm位、20cm超の報告も聞こえて来ております。

引用先:令和4年度 閉伊川釣りガイド

2022年 7月1日  閉伊川 鮎釣り 北の奔流

釣果:28匹 サイズ:16~20㎝ 釣行時間(移動時間含む):8時間  Good!!

解禁! 05:00、ポツポツと雨粒がフロントガラスを打つ中、R106復興支援道路を東進する。
我が家から40分の走行でR340分岐を閉伊川支流国見川へと入る。
川を観ながら上流へと向かうが、目ぼしいポイントには既に釣り人の姿。
入川容易で駐車出来る場所は既に埋まっており、爺様は入れそうなポイント探しに小1時間を要す。

参考サイト:北の奔流

2022年 福島県 鮎釣り状況

2022年 木戸川  鮎釣り状況

東京電力福島第1原発事故でかつて避難区域だった福島県楢葉町の木戸川で4日、アユ釣りが11年ぶりに解禁された。初日はあいにくの雨だったが、早朝から多くの釣り客が川面に釣り糸を垂れていた。

楢葉町を流れる木戸川は、天然のアユがとれる川として知られ、10年前の原発事故までは毎年、多くの釣り人などでにぎわっていました。

木戸川のアユからは6年前に楢葉町の避難指示が解除されたあとも国の基準を上回る放射性物質が検出されたことなどから、地元の漁協は釣りや漁を自粛して放射性物質の検査を続けてきました。

そして今月、安全性が確認できたとして4日からアユ釣りを解禁しました。

原発事故による避難指示が出された地域の川で釣りや漁が解禁されるのは今回が初めてです。

参考サイト:福島民友新聞社

Google ストリービュー 木戸川

木戸川 浪江線35号 上流

動画 アユ釣り  木戸川  鮎釣り

釣りはボケーと釣り糸を垂れていただけでは釣れません、頭脳を使うスポーツです、情報戦ですので下記の記事を参考に今年のプランニングをして楽しい鮎釣りを楽しんでください。(^^)/

関連記事:鮎 つれない理由 【図解】

又、下記に東北の鮎釣りポイントを記載しています、釣行の参考にしてください。

関連記事:東北 鮎釣り情報Map ~釣れるポイントを紹介

青森県:赤石川

秋田県:米代川 阿仁川

山形県:鮭川 真室川 小国川

岩手県:気仙川  閉伊川  北上川   砂鉄川

宮城県:鳴瀬川 名取川

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする